MENU
オーダースーツの納期って、どのくらいの期間を考える必要があるでしょうか?

2021.07.30 コラム スーツ知識・薀蓄

オーダースーツの納期って、どのくらいの期間を考える必要があるでしょうか?

梅雨が明け、本格的な夏がやってきました。

リモートワークの方は、クーラー病に

通常業務の方は、熱中症に気を付けて仕事していきましょう!

 

 

さて、今回は、秋に結婚式に呼ばれているから、大事な商談があるから

など、着用シーンがある方は、最後まで読んでみてください。

 

一日も早く、スーツを注文しに行かねば、と焦る方もおられるかもしれません。

特に、痩せ型、スポーツ体型の方、変わった色柄のスーツが欲しい方は

既製品での代替が難しいので、要注意です!

 

さて、なぜこの真夏の暑い時期に、秋物を作る必要があるかといいますと

ご注文からお渡しまでの納期が、伸びに伸びて通常でも1か月半、

繁忙期には、2ヵ月以上になっているからです。

 

仮に、8月の初めに注文しても、お盆などの縫製側が長期休暇をとるタイミングでは

2ヵ月かかる事もあります。

 

はい、誰が計算しても、秋に着るスーツは、真夏に注文してちょうど

いいんです。

 

考えてみてください、最近はかなり機械化が進みましたが

それでも、パターン作成して、生地をカットして、縫製して、検品してと

ゼロから、1着のスーツを作り上げるので、時間は相当かかります。

 

暑いのに、スーツなんか作る気にならんわぁ~

と、思われている方は、考え方の切り替えをお願いします。

 

スーツをオーダーするタイミングは、春夏秋冬の中で

夏物なら春、秋物なら夏と、想像以上に早めがいいです。

 

どこのお店も、これから作るものなので、仕上がりサイズが

気になります。出来れば、安心マージンとして

微調整に1週間猶予をいただきたいです。

 

私共が考えるサイズ感で作成しますが、出来上がってみて

もう少し微調整すると、さらによくなるので

1週間ほど、お時間を頂きたいケースもあります。

 

どうぞご理解をお願いします。

 

 

ストアマネージャー 河内( かわち )

 

 

初めての方へ

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約