MENU

LORD HOUSEの取り組み。

ロードハウスでは、店頭の販売だけではなく、

スタッフ一人一人が仕立てや服地などの

生産の部分とも直接携わり知識を深める事で、

より良い品物を皆様にご提供する為の取り組みを行っています。

 

コチラのページでは、私たちの取り組みの様子のとして、

織元や縫製などで勉強してきた事を一部ご紹介しています。

各アイテムのリンクから、詳しくご紹介致しておりますので、

是非ご覧ください。

服地への取り組み

オーダーの楽しみの一つである服地選びも、多くの素材から着用用途などに合わせて適切な物を選んで頂く為に、

服地の特徴や商品が生まれた背景などの知識を高める為、織元などに訪問して知識を高めています。

日本の着物文化から独自に発展した黒の美しさ拘るブラックフォーマルや長い歴史で培ったトラディショナルな雰囲気を大切にする織元です。

日本三大毛織の一つ、葛利毛織さんをご紹介しています。

国産デニムのパイオニアとして今なお不動の人気を誇る岡山デニムを織り上げるクロキデニムさん。

現在も旧式織機で織り上げる拘りのデニムが出来上がるまでを見学させてもらいました。

縫製への取り組み。

店頭で、お客様から頂く着心地の改善のご要望やトレンドを加味したデザインなどのご要望を、

仕立ての技術面とすり合わせる為、縫製先にも定期的に訪問し情報交換を行っています。

 

人の手の価値を知らなければ本当に素晴らしい物を作る事は出来ません。

本当の意味のクラフトマンシップをご紹介致します。

肌着として生まれたシャツの本来の意味を、安心という形で製品に反映させる、拘りのシャツ工房をご紹介致します。

長く、安心して履いてもらう。

その為の細かな工程を経て、革が

靴に変化する姿をご覧ください。

仕立て文化を深く知る取り組み。

日本のスーツ文化も成熟し、独自のスタイルが生まれていますが、スーツが生まれ育った本場のスーツを知る事で、また新たな発見が見えてくると思います。

一緒にスーツの温故知新の旅に出かけましょう。