スタッフブログ

Home>スタッフブログ一生に一度!思い出に残る1着を

一生に一度!思い出に残る1着をUPDATE 2017.05.25 スタッフダイアリー

皆さんこんにちは岡山のオーダースーツ専門店ロードハウスの遠藤です。

 

 

 

 

前回は、結婚式へ参列される時にどんなスーツを着て行けばいいの?

と言うお話をブログで書きました。

 

 

 

今回は、結婚式の主役である、新郎さんの服装について書いていこうと思います。

一生に一度の大切な日なので、思い出に残る1着を決める参考になればと思います。

 

 

 

 

昼間の男性の婚礼衣装と言えば、モーニングコートが一般的となっていますが、

実はこのモーニングコートを広めるきっかけとなったのが『フロックコート』だと言われています。

 

モーニングコートが登場するまでは、パーティーや結婚式など、昼間のフォーマル衣装は『フロックコート』が定番でした。

 

 

そんな『フロックコート』の特徴は、上着の丈が膝まであるエレガントなシルエットです。

 

今、このデザインが新郎の間で人気を集めています。

 

 

フロックコート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロング丈なので、フォーマル衣装は立ち姿も美しく見え、新郎新婦さんが2人並んで

 

歩けばさらにゴージャスな雰囲気が出ると思います。

 

 

フロックコート1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い年代にはシングルのフロックコート、中高年の方にはダブルのフロックコートが人気が高いです。

 

『フロックコート』は、ほかの婚礼衣装にはないスタイリッシュさ、エレガントなシルエットを演出できます。

 

 

 

 

 

 

皆さんもご自身で、色々調べていると思いますが、

 

 

じゃあ、タキシードとフロックコートは何が違うの?って疑問が出てきますよね?

 

基本的な違いは、着用する時間帯です。

 

男性の場合、着る礼服は時間帯によって区別されているため、昼間は昼間の礼服、夜間は夜間の礼服を着用する必要があります。

 

フロックコートであれば昼間の結婚式に着用するのが、ルールですし、タキシードであれば夜間の結婚式に着用するのが本来のマナーです。

 

これが、フロックコートとタキシードの大きな違いと言えます。

 

また、タイの部分が黒い蝶ネクタイであることが本来のタキシードのスタイルですが、最近では蝶ネクタイにこだわらない場合や、フロックコートのようにロング丈のシルエットでもタキシードと呼ばれる事があります。

 

 

シルエットは、似ていますが、基本的には異なる衣装だという事を覚えておいてください。

 

 

 

 

 

小物もアクセントを加えて、より華やかに

 

 

フロックコート2

 

 

 

 

 

 

 

 

フロックコート3

 

 

 

 

『フロックコート』は、結婚式でご着用の後は、着丈やボタンなどを変えて

スーツへのリメイクが、出来ますので

結婚式着用後も、ビジネス、パーティーなどのイベント事で、スーツとして着用出来るようになります。

 

 

 

 

最後に、オーダースーツは、ジャケットに好きなネームを入れることが出来ますので、

より、『思い出に残る1着』に仕上がります。

 

 

フロックコート4

 

 

 

 

「結婚記念日」など大切な日には、リメイクした思い出のスーツを着用し、
お二人で、お出掛けをしてくださいね。

 

 

 

撮影のご協力ありがとうございました。

PAGE TOP
  • Home
  • Concept
  • Order item
  • Coordinate
  • Staff Blog
  • Other item
  • Store information
Facebook
Twitter
Instagram
〒700-8562 岡山市北区問屋町1番地103
TEL.086-244-4441
lordhouse@caitac.co.jp
営業時間 10:00~19:00
休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
FAQ
copyright (C) 2016 LORD HOUSE. All rights reserved.