MENU
スーツが出来るまで・・・

2016.06.24 スタッフダイアリー

スーツが出来るまで・・・

こんにちは。

STAFF 延岡です。

 

皆さんは「オーダースーツ」に対してどんなイメージをお持ちですか?

「値段が高い」「年配の方が作るイメージ」「ゆったりしたサイズ感」など敬遠しがちなイメージを
持つ方もいれば、「自分の好みで格好いいスーツが作れる」「こだわりのオリジナルスーツが作れる」など
良いイメージを持つ方もいらっしゃいます。

とはいっても、既製品のように全ての取扱い生地で出来上がりの商品がある訳ではないので、
生地だけではイメージがしにくかったり、ベストサイズのスーツができるのかという不安もあります。

 

ちなみに、私自身も入社前までは前者の考え方でした(笑)

 

そこで今回は、ロードハウスでは「ご注文から出来上がりまで」どんな流れになっているのかを
簡単にご紹介いたします。
このブログを読んで頂き、少しでも多くの方からオーダースーツに対して不安が少なくなればと思います。

 

では、早速行ってみましょう!

 

①カウンセリング

ここでは各お客様ごとに合わせて「ご着用のシュチュエ―ション」「お仕事や役職」「ご予算」「お好み」などを
ヒアリングさせて頂きます。

 

②セレクト

ここでは、先程のカウンセリングをもとにお客様に最適な生地やデザイン、シルエット等をご提案いたします。

スーツ⑥

 

スーツ⑦

 

 

③フィッティング(メジャー採寸)

ここでは、実際にお客様の大切なお身体を丁寧に採寸させて頂きます。

この時、お腹を引っ込めていたり、極度に胸を張っていたりすると正常な数値が取れず良いスーツは作れません。

※必ず肩の力を抜いた自然体でお願いします。

DSC_558①

 

 

④フィッティング(着せ付け採寸)

ここでは、先程のメジャー採寸で頂いた数値をもとにお客様のお身体に一番合う「試着用サイズ服」を
着て頂きます。

「試着用サイズ服」とは、長年の経験から生み出された独自の採寸方法と仮縫いをその場で体験して頂けるくらい
リアルなものにしたいという想いから誕生しました。

上着は肩回りとバストまわりで、パンツはヒップまわりをベースにサイズの調整をしていきます。

※ここが最もお客様のお好みのサイズ感を反映して頂ける場面です。

DSC_556

 

 

⑤サイズ・デザインの最終確認

ここでは、選んで頂いた生地やデザイン、シルエット、サイズの最終確認を致します。

この先は、縫製工場へ生地とお客様データが送られ約1ヶ月ほどかけてスーツを縫い上げていきます。

※縫製工場へ生地とデータが行ってしいますと基本的にはデザインやサイズ変更はできません。

不安な点や疑問な点などはこの時に是非確認をしておいてください。

 

ご注文から、約1ヶ月後・・・・・。

 

 

⑥完成&最終フィッティング

ここでは、出来上がった商品に実際に袖を通して頂き、最終のサイズ調整を致します。

ウエストや股下など気になる箇所がございましたら、微調整をさせて頂きます。(約1週間)

DSC_1001

 

 

⑥安心保証(アフターフォロー)

微調整、もしくはお渡しから約1ヶ月間は無料微調整をさせて頂きます。

また、パンツのウエスト直しは「5年間」何度直して頂いても無料です。

sewing_box[1]

 

いかがだったでしょうか?
少しは、オーダースーツに対しての不安はなくなりましたか?

 

6/25(土)からは春夏スーツが最もお買得なキャンペーン企画も開催します。→こちら

 

 

是非、一度は既製品とはひと味違う着心地をご堪能ください。

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約