MENU
ベストのある景色。

2019.05.06 スーツ知識・薀蓄 ビジネス フォーマル

ベストのある景色。

ゴールデンウィークも終わりに近づき、

 

心機一転、「やってやるぞ!」と仕事モードの方もいらっしゃれば、

 

「社会復帰」に不安な方もいらっしゃるかもしれません。

 

どちらかと言うと、「仕事モード」のロードハウス 赤尾です。

 

皆様をお待ちしております。

 

 

 

話しは変わりますが、

 

最近、街中などで、平日も含めて、観察していて思うのですが、

 

実際にベストを着用されている方の少ないこと!

 

 

スーツを着られている方の中でも1割くらいしかいない印象です。

 

オーダそのものは、増えているのに、なんだか寂しいです。

 

 

ベストまで持ってるっていう方は3割くらいでしょうか。

 

 

そこで、改めて

 

ベストの魅力について

 

書きたいと思います。

 

 

 

1・最大のメリット

かっこいい!

 

単純に「カッコイイ!」ですよね。

 

 

もちろん、ミドルエイジの方などが、

 

仕事をバリバリやっています。

 

みたいな感じで着こなすのも「カッコイイ!」ですし、

 

 

若いフレッシュな方が着こなすのも、やっぱり「カッコイイ!」です。

 

最近、TVドラマ等で、着用シーンが増えているのも納得です。

 

 

 

2・ネクタイを立体的に見せれる。

 

 

 

 

ベストを着用すると、

 

ネクタイを押さえる効果がありますので、

 

ネクタイをより「自分の好みの形に整え」

 

立体的に着けることが出来ますよ。

 

 

Vゾーンの表現も楽しくなります。

 

 

 

3・夏涼しく、冬暖かい。

 

 

すみません、単純な話で、

 

単に、夏場は、ジャケットを着用しなくても、ベストを着用すれば、

 

「さまになるよ!」っていう話です。

 

 

冬場は、ベストを着て、さらにジャケットを着ると、

 

暖かいですよっていうだけですが、

 

これが、けっこう便利です。

 

 

 

4・よりフォーマル。

 

そのままですが、

 

+ベストの方が。正式にもそうですし、

 

見た感じも「フォーマルな印象」を持ってもらえます。

 

 

 

 

こんなところでしょうか。

 

まだまだ、一般的には、

 

「特別な物」とか、

 

「気取ってる」などと

 

思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

着ることで、馴染んだり・自信に繋がったり・認められたり

 

することもあると思います。

 

 

せっかくの「ベスト」

 

遠慮せずに着てください。

 

 

そのことで、より

 

「ベストがより日本中で広がりを持ちます」

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約