MENU
学ぶことの大切さ!生涯学習!

2017.08.18 スタッフダイアリー

学ぶことの大切さ!生涯学習!

皆さんこんにちは。岡山のオーダースーツ専門店ロードハウスの遠藤です。

 

8月も半分が、終わりましたね、、、

お盆過ぎたら、あっという間に、夏休みが終わった感じがします(涙)

私は、夏休みが終わる、ギリギリまで、宿題が残っていました(笑)

結構、夏休みあるあるだと思うんですが、、(笑)

 

今日は、人間の骨格について、勉強したので、そのお話をしようと思います。

骨格スタイルアドバイザーの正宗幸子さん

セミナー

 

 

1人ひとり生まれ持った骨格構造(骨格スタイル)は違います。

そして、その骨格によって似合う服も変わってきます。

 

 

骨格のタイプには

ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプがあります。

 

・ストレートタイプ

ストレートタイプの男性は身体に厚みがあり筋肉質で、立体的な体型

全身のバランスは、上半身に重心があります。

肌の質感は、ハリのある方が多い。

引き算のファッションが似合います。極力シンプルにしたファッションです。

デザインは、シンプル&ベーシック、シャープなシルエットと相性がいいです。

 

 

・ウェーブタイプ

ウェーブタイプの男性は身体の厚みが少なく、線が細く腰の位置が低い下重心です。

ウェーブタイプでも筋肉のある男性はいますが、細マッチョなイメージです。

肌の質感は、しっとり柔らかい方が多い。

足し算のファッションが似合います。自分の気になるところを補うファッションです。

デザインは、ソフト・カジュアル、タイトなシルエットと相性がいいです。

 

 

・ナチュラルタイプ

骨太で骨格や関節が、しっかりしているのが特徴、平面的な印象です。

重心による違いはありません。

肌の質感は、少し硬めの方が多い。

下重心を意識したファッション(Aライン)になる様に心掛けましょう。

デザインは、ラフ・カジュアル、ゆるいシルエットが似合います。

 

 

ファッションには、『色』『素材』『デザイン』の3つの要素から成り立っています。

『似合っている』というのは、この3つの要素が全て自分に合っているという事になります。

 

 

オーダースーツでは、お客様の体に合ったスーツを作るのが大前提です。

そういった意味でも、骨格を知るという事は、とても大切なことです。

お客様1人ひとりが、1番キレイに見えるシルエットを作り出す為に

こうした、勉強会、セミナーを通じて、お客様に少しでも満足して頂くように日々、勉強を積み重ねていきます。

 

セミナー1

 

 

本日は、 お忙しいところ、骨格セミナーありがとうございました。

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約