MENU
スーツの所持数とスーツ寿命の関係

2021.08.12 コラム スーツ知識・薀蓄

スーツの所持数とスーツ寿命の関係

近年、四季(春夏秋冬)が二季(夏冬)になってきている感じですが

一日中スーツを着るビジネスマンにとっては、少しでも

1日を快適に過ごしたいと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、スーツ所持数とスーツ寿命について考えてみたいと思います。

誰しも、せっかく買ったスーツは長持ちさせたいと思います。

少しでもスーツ需要を伸ばす為には、どうしたらいいのか考えてみましょう。

 

 

 

まずは、スーツをシーズン分けしてみると、大きく④つあります。

① 夏スーツとオールシーズンスーツ

② 春夏スーツと秋冬スーツ

③ 年間通じてオールシーズンスーツ

④ 夏スーツとオールシーズンスーツと冬スーツ

 

結論から申し上げますと、①~④どのパターンも想定される着数を

揃えていれば、スーツ需要は長くなります。特に

④の夏スーツとオールシーズンスーツと冬スーツ

がシーズン別のスーツになりますので同じ合計着数でも、一番快適なのは言うまでもありません。

 

仮に毎日スーツを着用するビジネスマンが、年間何着あれば十分かと

聞かれたら、10着とお答えるする事が多いです。

理由は、シーズン中の1週間のうち5日間、出来れば毎日スーツを着替えるのが理想だからです。

 

 

軽涼仕立て

 

上記の4パターンに着数を落とし込むとこんな感じが理想です。

① 夏スーツ5着とオールシーズンスーツ5着

② 春夏スーツ5着と秋冬スーツ5着

③ 夏スーツ5着とオールシーズンスーツ3着と冬スーツ2着

 

どれも、夏スーツが5着と多くなっているのは、夏場の汗は、スーツにとって一番の大敵だからです。

夏場は、汗をかくので頻繁にクリーニングに出される方が多い事もありますが

全くお薦めはしていません。

 

クリーニングに出すと、スーツは羊の毛で出来ているモノが多いので

その性質上、油分が抜けパサパサになって劣化していくからです。

 

また、通常のクリーニングでは、油分・皮脂は落とせても、汗などの

水溶性の汚れは落ちない為です。出されるなら、水洗いをセットで

お願いすると、家庭で洗濯したような気持ちいい仕上がりになります。

 

夏スーツは、枚数を持っていれば汚れも少なくてすみますし

クリーニングに出す回数も必然的に減少するので、劣化しにくくなりますし

何より涼しくて快適なので、一番投資して満足頂けるアイテムだと思います。

 

 

オールシーズン素材は、夏以外にその日の気温に合わせて

チョイスすれば良いので、今の日本の気候からすると

スーツを着る頻度が高い方には、着数がそれほど必要ないとも言えます。

 

冬場も着用される方が多いので、フォーマルな装いの3ピーススーツを

持たれると、防寒を含め、夏場にある大事な商談や結婚式参列など

正式な場にも着ていけますので、お薦めです。

( 正式な場所は、室内の事が多い為、夏場でも大丈夫だと思います )

 

 

 

次に、冬スーツですが、イメージとしては、生地の表面が少し起毛しており

保温力が高い素材です。

 

多くの方は、冬は上からコートを着るので、そこまでの防寒性は必要ないと

言われますが、車移動が多い岡山県では、コートを着る機会の方が少ない

方もおおいのではないでしょうか。

 

着る期間も短い為、割高なイメージもあるとは思いますが、実は

オールシーズンスーツとコストパフォーマンスは同じです。

 

1シーズン当たりの着る期間は短いので回数は少ないですが、その分

傷みが少なく、長い年数着れる為、着る回数で寿命を考えますと

同じくらいのコストパフォーマンスになるんです。

 

また、冬スーツの一番のメリットは、廻りに着ている方が少ない事と

素材感が伝わりやすいので、お洒落に見える事だと思います。

服装、特にビジネスには相手があり、相手に対して好印象を

与える為の大切な役割もあります。

 

華美なお洒落ではなく、わかる方にだけわかるお洒落をする事も

お洒落上級者のテクニックではないでしょうか。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

ビジネススーツは、先行投資をした方が、快適でコストパフォーマンスも

高いアイテムだったんです。スーツを着る方が減少していますが

岡山をスーツで元気にしていきたいと思っておりますので

コロナに負けず頑張っていきましょう!

 

ストアマネージャー 河内( カワチ )

 

初めての方へ

Business Suit