MENU
勝負スーツの作り方 

2020.10.04 コラム スーツ知識・薀蓄 スタッフおすすめ商品 ビジネス ブライダル 成人式

勝負スーツの作り方 

 

こんにちわ、「 服を福につなげる仕立て屋 」

ロードハウス ストアマネージャーの河内(カワチ)です。

 

今回は、「 勝負スーツの作り方 」について

考えてみようと思います。成人式、結婚式、出張、商談

人生において、スーツを着なければならないシーンが

いくつかあると思いますが、シーンそれぞれに

ふさわしい服装がありますので、ご紹介してみます。

 

 

 

成人式・結婚式

 

 

人生一度きりの成人式。久しぶりに同級生と合う

その1日は、きっと忘れられない日になると思います。

 

二人の門出をお祝いする結婚式は、主役として

ゲストを迎える立場として、最高の1日にしたいのではないでしょうか。

 

成人式・結婚式などのハレの日の一着は、細かい礼装としての

ルールはありますが、基本的には好きな服装でいいと思います。

 

サンドベンツ・ボタンダウンシャツ

この二つくらいが、絶対にダメなディテールです。

他は、成人式・結婚式がカジュアル化していますので

ドレスコード的には、大丈夫な時代になってきました。

 

成人式・結婚式は、想い出に残るだけでなく

写真や映像にも残る大切なイベントです。

服装もイベントを盛り上げる大切なアイテムだと思います。

着てみたご自身を想像しながら、楽しんで心ゆくまで

理想のスーツについて考えてみてください。

 

 

 

商談、出張

 

 

ビジネスマンにとって、商談と出張は、相手と合う大切な機会です。

コロナ渦で、禁止のところも多いですが、終息すればやはり新幹線に、飛行機に乗って

出張・商談したい方も多いと思います。

 

毎日スーツを着る方と、たまにスーツを着る方が

出張・商談に行くとき、何に気を付ければいいでしょうか。

 

 

○毎日スーツを着る方

着なれていているスーツの手入れを事前に行ってください。

ブラッシング、パンツのセンタークリース、靴磨き

特別な準備は必要ありませんが、できれば

着なれた中でも、シワになりにくい素材のスーツを

選ぶ事をオススメします。

 

長時間の移動からくるシワシワのスーツより、

パリっとしたシワになりにくいスーツの方が印象がいいのは、必然ですよね。

 

 

○たまにスーツを着る方

スーツって、着なれないと窮屈に感じストレスに

なる方も多いと思います。ビジネスシーンでは

サイズが合っていないゆったりの服の方が疲れにくいですが

ジャストサイズで仕事が出来るイメージのスーツを着て欲しいと思います。

 

では、ジャストサイズなのに疲れにくいスーツなんてあるの?

あります!

 

伸縮性があり、シワにもなりにくい生地でスーツを作れば可能です。

ビジネス出張・商談には、上記の2つに着用シーズンを加えた

3つの注意点を考えて生地選びをすると失敗しないと思います。

 

《 シワになりにくい 》

私の経験上、日本製と英国製の生地が、出張・商談に向いていると思います。

総じて、艶のある生地はシワになりやすい傾向が強いです。

 

《 着用シーズン 》

夏場と冬場では、着ていくスーツで気温からくる

ストレスがかなり軽減されます。日本の気候は、やはり

夏場が試練です。

少しでも涼しい素材、仕立てを選んでおくと

帰った時の疲れが全然違います。これホントです。

 

《 伸縮性 》

生地が伸びると、同じサイズでも、ワンサイズ以上

大きい服を着ているような感覚になります。

 

ちなみに、カジュアルなパンツなどで、ゴムのように伸びる素材が

ありますが、ビジネススーツではオススメはしていません。

 

ポリウレタンというゴムのような化学繊維が伸縮するのですが

耐久年数が短いからです。クリーニング店にも、警告が書いてあったり

するので、知っている方も多いかもしれませんが

やはり、ウール100%のストレッチ素材が断然オススメです。

 

 

 

まとめ

 

スーツを着る時は、基本的には、相手がある場合です。

室内、屋外、夏、冬、様々なシチュエーションで立場も違った方が

同じ1着というわけにはいかないですよね。

 

装う環境の違う方が、それぞれ理想とする1着を

手にするには、多少の知識も必要だと思います。

 

少しでも不安な方、自信がない方は、知識を持つ専門の方から

勝負スーツを購入する方が、間違いない1着が手に入るのではないでしょうか。

 

 

 

アクティブビジネスマン

新郎衣装

成人式スーツ

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約