MENU
ビジネスで着る機会が少ない方のスーツ選びのポイント

2020.09.28 コラム スーツ知識・薀蓄

ビジネスで着る機会が少ない方のスーツ選びのポイント

 

こんにちわ、「 服を福につなげる仕立て屋 」

ロードハウス ストアマネージャーの河内(カワチ)です。

 

今回は、「 ビジネスで着る機会が少ない方のスーツ選びのポイント 」

について、ご紹介したいと思います。

 

ポイントは、たったの3つですが、店頭にくると

目移りしたり、やっぱり細く作りたいなど誘惑が多いので、気を付けましょう。

 

 

 

POINT 1 トレンドは追わない

 

 

芸能人やモデルの方が着たり、テレビや雑誌で見かける

トレンドのデザインやカラーは、せっかく購入するんだからと

欲しくなる方も多いのではないでしょうか。

 

人より早く着て、人より早く手放すくらいの

気構えがある方には向いていますが

ここはグッと我慢。

長く着たいのであれば、我慢ガマンです。

 

着る頻度が少ない方は、おもしろくはありませんが

色柄、デザインともにベーシックにされた方が

汎用性が高く、長く着る事が出来ます。

 

色柄、デザインがベーシックな分、生地や縫製の

グレードにこだわり、毎日スーツを着ているビジネスマンより

少しいいモノを着ると、モチベーションがあがります。

 

たまに着る時は、商談、出張、会合、会議など

ビジネスにおいては、大事なシチュエーションが多いもの。

少し上質な素材を纏う事が自信にもつながり、プラスに

働く効果が期待できます。

 

 

 

 

POINT 2 年代別に考える

 

 

5年後、10年後の、ご自身の体型を想像した事が

ある方も多いとは思いますが、20代からの体型を

そのまま維持できる方は、非常に少ないのが現状で

加齢とともに、人間の体は少しずつ変化していきます

 

10代20代の方は、タイトなシルエットで作られても大丈夫ですが

サイズ感もトレンドがあります。スーツの方向性としては

ややゆったりのフォーマルなテイストに移行していますので

あまりにタイトすぎるスーツは、長い目でみるとオススメではありません。

 

30代40代の方は、一番体型変化を感じる年代でもあり

ビジネスでは重要なポストに就いたりする方も多い為

ベーシックなスーツを何着か持ち、大人のサイズ感で着こなすといいと思います。

 

50代60代の方は、数の必要性がなくなってくる為

少し上質な素材を、少し余裕のあるサイズ感で

着られるといいと思います。上質な素材は、タイトに作るより

少し余裕のあるサイズ感の時の方が、良さがわかりやすく

着心地がいいと思います。

 

 

 

POINT 3 目的・用途をしっかり伝える

 

 

出張、学会、結婚式参列など、考えられる目的・用途の

優先順位をつける事で、生地とデザインが決まってきます。

 

出張 ⇒ 長時間移動する為、シワになりにくい素材

学会 ⇒ 目上の方の存在も考慮して、おとなしめの素材

結婚式参列 ⇒ 礼儀を尽くして3ピーススーツ

 

簡単な一例ですが、ただ気に入ったスーツを買うのと

目的・用途まで考えて買うのでは、同じ見た目のスーツでも

中身が全く違うものになります

 

 

 

まとめ

 

着る機会が少ない分だけ、ビジネスであればその価値が

高くなり、結婚式参列であれば、お祝いの気持ちを服装を

通じて伝える価値に変わります。

 

1着のスーツが生みだす付加価値は、買い方次第で

大きくなりますので、スーツを検討される前には

是非考えてみてくださいね。

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約