MENU
失敗しない!新郎衣装の選び方!

2022.04.03 新郎衣装

失敗しない!新郎衣装の選び方!

失敗しない! 新郎衣装の選び方!

悩んだ末、結婚式会場は決まって、ホッとした矢先、参列者選び・新郎新婦の衣装など、想像以上にたくさん決めていく事があります。

 

主役は、新婦様のイメージが強い結婚式ですが、新郎様だって主役です。

 

また、ふたりのバランスが整っていてこそ、初めて美しいいで立ちになります。

 

新婦様を引き立てつつ、新郎様も衣装で主役気分を味わいたい方もいらっしゃると思います。

 

一生に一度の結婚式!

 

悔いのないように、参列した方に羨ましがられ、お二人も大満足できる結婚式になるように、今回は衣装について考えてみたいと思います。

 

この記事の目次

新郎衣装には、どんな種類があるの?

一般的に、新婦様の衣装が決まってから、自動的に決まる新郎の衣装。

 

新婦様のウェディングドレスの多くがレンタル衣装である為、新郎様の衣装もレンタルされる方が多いと思います。

 

実際には、新郎様の衣装は、「レンタル」と「購入」の2つの選択肢がある事をご存知でしょうか?

 

レンタルは、結婚式場内にある衣装スペース、もしくは提携店に行き、選ぶ方式が主になります。

 

購入は、既製品とオーダー製品に分かれ、基本的にご自身で手配して持ちこむカタチが一般的です。

 

レンタル衣装のメリット・デメリット

( レンタル衣装のメリット )

・着用して雰囲気を確かめる事が出来る

・使用後管理の手間がなし

・自分で手配する必要がなく楽

 

遠距離な方、お仕事が忙しく打ち合わせの時間が取れにくい方は、式場のパックプランがオススメです。最低限必要なプランから、チョット贅沢なプランなど、おふたりの予算に合わせて衣装も選ぶことが出来ます。

 

( レンタル衣装のデメリット )

・体に合ったサイズをさがすのが難しい

・誰かが着た事のある中古品の可能性が高い

・自分で用意しなくていい

 

こだわった衣装が着たい、スポーツで鍛えた体なのでサイズが合いにくい方には、不向きなので、既製品もしくはオーダー製品を購入しましょう。

 

 

購入のメリットとデメリット

( 購入のメリット )

・自分のモノになる

・個性が出せる

・使いまわしていないので、新品の衣装が着れる

 

( 購入のデメリット )

・持ち込み料がかかる場合がある(要確認)

・手配に手間がかかる

 

少し手間にはなりますが、結婚式をより思い入れのあるイベントにした方には、購入がオススメです。

 

購入する際は、既製品とオーダー製品がありますが、購入の多くはオーダーされる傾向が強くなります。

 

理由としては、特殊なデザインの既製品が、市場に少ないからです。

 

オーダーでは、1回のレンタルではもったいないので、結婚式後も使えるスーツなども、主流になってきています。経時的なことも選ぶうえで、大切な要素なので、気になる方は情報収集してみてください。

~今時の新郎の衣装~ 人気のデザインは?

タキシード・フロックコート・燕尾服・紋付袴

 

大きく4つに分類されますが、今時の新郎衣装は、圧倒的にタキシードを選ぶ方が多いようです。ちなみに、タキシード自体は、準正装になりますので、正装は燕尾服になります。

 

大事なポイントは、式場の雰囲気に合わせた衣装を選ぶことです。

 

ひとえにタキシードといっても、フォーマルなデザインから少しカジュアルなデザインのタキシードまで、多種多様な衣装があります。

 

格式の高いホテルと、こじんまりとしたカジュアルウェディングでは、会場の雰囲気が違うため、新郎衣装もチョットしたイメージチェンジをすることで、会場と衣装が一体化して、想い出深い結婚式になるでしょう。

結論、新郎衣装の選び方のポイントとは?

要点をまとめると・・・

 

・新郎衣装はタキシードが多い

・新郎新婦、ふたりのバランスが合うほうが良い

・会場の雰囲気に合わせた衣装選びが良い

 

新郎の衣装選びいかがでしたか?

 

結婚式では、おふたりの衣装も大事なアイテムです。

 

少し手間をかけてあげるだけで、おふたりが満足できる衣装が手に入ります。

 

素敵な衣装で当日を迎えてくださいね。