MENU
【2023年】成人式スーツの選び方

2022.03.28 成人式スーツ 岡山デニムスーツ

【2023年】成人式スーツの選び方

2023年 成人式スーツの選び方

成人式に、どんなスーツを着て行こうかと考えている人も多いと思います。

そこで、こちらのページでは成人式を迎える皆様に、成人式のスーツ選びのポイントをご紹介致します

成人式スーツの参考画像はこちら

目次

トレンドスーツと正統派スーツ

どんなスーツでも必ずトレンドチェックから始めましょう。
洋服である以上このトレンド感を無視してしまうと大失敗しますので、必ずチェックです。

トレンドの押さえ方

一番はスーツ屋さんに行ってみるのも一つの手ですが、どんなお店を選ぶかが重要になってきますし、
なんだか足が重いので、下調べからです。
 
成人式スーツも細分化していますので、一言にトレンドの基準は、難しいのですが、

SNSや動画サイトで検索するのも一つの手です。

SNSなら #メンズスーツコーデ や #成人式スーツコーデ ぐらいから始めましょう。

それと合わせて成人式のスーツの場合、

地元の先輩や友人などといった、住まれている場所の独自のトレンドもありますのでチェックしておきましょう。

昨年のトレンドの要点をまとめてみると
  • スリム系スーツ
  • スリーピース(ベスト付き)のスーツ
  • チェック柄や太いストライプなど目立つ柄
  • 色はブルー系を筆頭にブラウンやグリーンなど色物
  • デニムやコーデュロイなどカジュアルな素材

参考に考えてみてください。

成人式スーツの参考画像はこちら

 

 正統派スーツという選択肢も有りです

あまりにも目立つスーツにしてしまうと、成人式以降に着るのが難しくなるのも事実です。

大まかなトレンドを掴んだ上で正統派スーツを選ぶのもありです。

ですが、スタンダードな正統派スーツは後々も使えますが、成人式という人生で一度きりの機会に物足りない気もします。

 人によって感覚は大きく違いますので、どのあたりが自分に向いているか考えてみて下さい。

 どちらにせよ、人生に一度の大切な記念のイベントですので、

10年後20年後と過去の思い出を振り返った時に、記憶に残るスーツにする事をお勧めします。

既製スーツとオーダースーツ

スーツは大きく分けて既製スーツとオーダースーツの二つに分かれます。

既製スーツは目にする機会も多いと思いますので、お店でハンガーに吊られて、出来上がった状態で販売されているスーツです。

決まった素材の中から気に入った物を選び、一定の決まったサイズの中から自分の体型に一番近い物を選んで、微調整してもらうスーツです。

色と柄が好みで、体型に合う物を見つけのが難しい事もありますが、

実物を見ながら、試着をしながら選べますので簡単で、

軽い微調整だけなら当日に持って帰れるお店もありますので便利です。

スーツ選びをスピーディーに終わらせたいという方は既製スーツを選ぶのもいいでしょう。

既製スーツに対してオーダースーツは目にする機会が少ないかものしれませんので、詳しく解説していきます。

成人式スーツで選ばれている??

オーダースーツのメリット

オーダースーツとは、どんなん物なのでしょうか??

オーダースーツは自信が出る

オーダースーツの一番の魅力は「自信」が付く事です。

サイズのしっかり合ったオーダースーツを着ているという感覚と、スーツをオーダーしたという記憶と経験は人生の上で大きな価値があります

着こなしの上でも「自信」はコーディネートのテクニック以上に重要の武器になります。

少し間違ったコーディネートでも、堂々とした自信に満ち溢れていると、それが正解に見えてくるのも事実です。

逆に素晴らしいコーディネートをしていても「間違ってるかも~」っと、

不安な気持ちが出てしまうと「スーツに着られている」印象になってしまいますので、

はじめてスーツを着る時にはまず、「自信」を手に入れる事が大切です。

個性を表現できる

オーダースーツは細かな部分まで個性や好みを表現できます。

生地の好みやプリントの裏地、天然素材のボタンなど自分の好みに合わせて選べます。

逆にスーツに詳しくなくても、専門の詳しいスタッフがマンツーマンで適切なアドバイスをくれますので、お任せでも大丈夫です。

自分の中でイメージが有れば、雑誌やインスタグラムなどでイメージを共有していくとより良い物を選ぶ事もできます。

成人式スーツ裏地やボタンなどの参考画像はこちら

サイズが服の良し悪しを決める

近くにいる人と見比べて、日本人の平均サイズで作られた規制服がどのくらいの人にピッタリ当てはまるのでしょうか?

同じ身長でも体重が違えば、肩幅、足の長さもみんな異なりますし、細かく見れば姿勢や筋肉の付き方も違います。

オーダーに勝る服はこの世には無いでしょう。

スーツに詳しくなくても「サイズの合ったオーダースーツはやっぱり違うな!!」と感じて頂けると思います。

大切に長く着れる

シンプルな無地系のウールスーツ素材で仕立てれば就職活動や内定式、その後社会人になっても着用できますし、

カジュアルなデニムスーツのような、既成スーツに無いようなスーツなら、卒業式や謝恩会、

友人の結婚式など華やかな場所へ着て行くのも目立つでしょう。

また、プライベートや私服としても着回しできるのはカジュアルスーツの魅力です。

何より自分の為だけに作られた好みのスーツですので、大切にできます

デニムスーツの参考画像はこちら

オーダースーツのデメリット

オーダースーツには大きなメリットがありますが、その反面デメリットの部分もあります。

値段が少し高い

同じ物を大量に作る既製品と比べて、一点一点オーダーされた方に合わせて仕立てていきますので、割高になります。

とくに、成人式スーツでよく選ばれる、艶ある生地や、明る目の色、派手なチェック柄やストライプ柄などはイタリア、イギリスといった海外の生地です。

お店によりますが、10万円前後が中心価格帯になると思います。

さらにトレンドのベストや裏地などを拘ると3~4万円プラスになってきますが、

好きな物が選べる分、愛着が湧いて大切にする事も事実です。

初期投資は必要ですが、長い目で見れば十分それに見合った価値はあると思います。

 直ぐに手元に来ない

一般的なオーダースーツ専門店であれば、海外から取り寄せる特殊な生地もありますので、仕上がりまで約1ヶ月半~2ヶ月程の日数が必要です。

また、人気の生地は早く注文しておかないと生地の仕上がり待ちで注文できない場合もあります。

スーツが仕上がった後、もし微調整が必要な場合などもありますので、早めの行動が素晴らしいスーツに繋がります。

これだけはフォローの言葉が見つからないので、早めに行動しましょう。

 体型維持が怠れない

オーダースーツは身体に合わせた服ですので、体型が変わると着れなくなります。

稀にトレーニングで体型が大きく変わる方もいらっしゃいます。

この場合一般的には、お客様都合による体型変化による微調整は有料修理になりますので、気を付けましょう。

その分、ジャストサイズで着るときの、何処かへ出かけたくなってしまう高揚感は何物にも代えがたい物です。

縫い代の3~4cmぐらいなら、大きくしたり小さくしたりもできます。

オーダースーツの流れが気になる方はこちら

【まとめ】成人式スーツ選びとは

成人式は、人生で一度しかない、記憶に残る大切なイベントです。

気に入った自信の持てるスーツで成人式に臨んで下さい。

また人生の20年後に、友達と笑って語り合える素晴らしい思い出に残る成人式にしましょう。

成人式スーツの参考画像はこちら