MENU
業界関係者が落胆?お呼ばれスーツの実態。

2021.02.27 お客様の声 ブライダル フォーマル ブライダル フォーマル スタッフダイアリー

業界関係者が落胆?お呼ばれスーツの実態。

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

また、少しずつ人の動きが見られるようになりました。

 

ここは、慎重にしながらも、自粛ばかりでも気が滅入ってきますので可能な範囲で

 

行動されることもいいんじゃないでしょうか?

 

 

私どもの店でも、一時新郎様の衣装のオーダーで来店されるお客様が極端に少なくなりました。

 

この10日間くらい徐々にお客様(新郎様衣装)の来店も復活の兆しが見えてきています。

 

 

皆様が少しずつ行動的になってきている事の表れでしょうか。

 

 

 

ということで、結婚式も規模や新しい生活様式に適応しながら、復活の予感です。

 

 

 

これを受けて、今回は、

 

 

結婚式におよばれした時の服装の、実態とブライダル関係者が勧める服装のへだたりについて書きたいと思います。

 

 

 

 

私どもでは、データをとれるほどの実力がまだないので、今回は、マイナビウェディングが調査されたデータに基づいて書いていきます。

 

男性に調査した、「結婚式のお呼ばれで来たことのある服装」の調査ですが、

 

グラフ資料マイナビウエディング

 

この表を見て皆様はどのように感じますでしょうか?

 

私は結構な衝撃でした。

 

大きく驚いたのが2カ所、

 

私は「まあこんなもんかな」って思いましたが、業界関係者が思っているのとは違うんだろうなって思う箇所が1カ所、

 

あります。

 

驚いた点は、

 

 

 

参列でタキシードを着たことがある人がこんなにいるのか?

 

そうですこれが、欧米の資料であれば全く驚かないのですが、

 

日本でタキシードを新郎や父親としてではなく、参列者として着たことがある人がこんなに(30%)もいる事が驚きです。

 

 

圧倒的にスーツでの参列が多いと思っていました。タキシードがこんなに一般的に浸透していることは驚きです。

 

 

業界人としては、嬉しい反面、

 

改めてタキシードをもっときちんとご説明と案内をしていくべきだったと思うようになりました。

 

フォーマルな物をきちんと尊重するマナーもまだまだあるのだと感じました。

 

 

 

ジャケパンはまだしも、ジーパンで出席している人がいるのか?

 

これもかなりの衝撃です。

 

 

 

アンケートの回答の仕方にも難しいところがあったのかもしれませんが、

 

11%も!

 

ここまで自由になってきたのか、といった印象です。

 

 

デニムスーツなどもジーンズと同じようにカウントしてしまったのかもしれないですし、

 

 

 

確かに、リゾートウェディングやガーデンウェディングなどの会場も増えてきており、

 

ドレスコードフリーやドレスコードデニム などのこだわった式も増えてきています。

 

 

ただ、一般的にはまだまだジーンズで出席といった話は、一部でしか聞かなかったので驚きました。

 

 

 

私はとくにこれがダメで、これが良くて といった感覚はあまりなくて、新郎新婦様の意向に沿ったドレスコードがいいと思っていますので、

 

そういった意味では、いいことだと感じていますが、

 

一方ではきっちりと、新郎様がタキシードで参列の方が、スーツを着て整然としているフォーマルな雰囲気も好きなので、そういった意味では複雑です。

 

 

 

 

次に

 

業界人が思っているのと離れていると思われる項目は、

 

礼服を着用したことがある人が10%しかいないという事実

 

これに関しては、私は今の時代はこんなものかなって私は思いますが、

 

 

業界関係者などがよく、

 

「結婚式に招待されたらこんな衣装で出席しましょう。」といった内容のページを

 

よく目にします。

 

 

 

 

そこに書かれている、親戚や友人、会社関係などどのようなお呼ばれでも失礼が無く、

 

一番最初に紹介されているのが

 

ブラックスーツいわゆる「礼服」になります。

 

 

 

基本的には、リクルートやビジネススーツで着用されるクロのスーツとは異なり、

 

艶感がなく、日本の独特の黒の濃染加工(糸の中まで黒く染めた深い黒)されたスーツです。

 

この「礼服」が、ここまで(11%)低いとは・・・・

 

と業界人はおもっているんじゃないでしょうか?

 

 

 

冠婚葬祭は全部礼服ですよ!  って方もいまだに多くいるんじゃないでしょうか?

 

でも、実際は慶事(お祝いの席)でブラックスーツ(礼服)を着る人は一握りでしか

 

ないのです。

 

 

 

 

私の個人的な想いもありますが、結婚式出席で礼服着用が考えられる人は、叔父(伯父)

と主賓(もしくはディレクタースーツかダークスーツ)やいても上司くらいでしょうか?

 

友人や同僚などでブラックスーツは逆に浮いてしまって恥ずかしいくらいであることを業界関係者はもっとしっておくべきです。

 

 

 

ということで、勝手にアンケートを見て、私の想いを書き込んでみました。

 

 

この業界関係者も、実際の皆様の服装と、私たちが「こうあるべきです」と言って勧める服装との間に思っている違いがある事を認識するべきだと感じました。

 

 

 

 

個人的には、結婚式の参列の場合は、素材はバリエーションがあっていいと思いますし、柄も好みでいいと思いますが、スリーピース(ベスト付)スーツが一番ふさわしいと思います。

 

 

 

 

新郎と父親、叔父(伯父)、主賓、上司は別として・・・・

 

ということで、私はお呼ばれの相談を受けた時は、新郎より派手にならない範囲でスリーピーススーツを勧めてまいります。

 

 

ありがとうございました。

 

結婚式参列衣装

新郎衣装