MENU
管理職の方は服装の考え方と有り方を変えてください。

2020.12.07 ビジネス ビジネス

管理職の方は服装の考え方と有り方を変えてください。

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

2020年も師走に入りました。こんな師走は皆様初めてですよね。

 

大変な状況下ですが、皆様が健康でご活躍されることが一番ですので、

 

安心安全に皆様がご活躍されることをお祈りいたします。

 

 

 

今回は、特にビジネススーツについての意識を、業種を問わず、特に管理職の方には高くもって欲しい

 

という話です。

 

 

 

部下や取引先の視点でお話したいと思います。

 

 

 

極端にブランド物を身に付けて欲しいとか、高級志向になってほしいとかの話ではありません。

 

もちろん、必要な出費はあるかとは思いますが。

 

 

また、部下に対して威厳を保つ為とか、高圧的である為、といったたぐいのことでもありません。

 

 

大袈裟に言いますと、

 

内面の意識半分と外見の見せ方半分 の 意識改革 とでもいった所でしょうか。

 

 

 

ただ、ビジネスマンしての人との接し方や、話し方、考え方などは、私の出る幕ではなく

 

皆様がよく御存じのことと思いますので。

 

 

 

服装のことに関して、お話しさせていただきます。

 

 

部下や担当者は、お客様や取引先に対して、もちろん会社の顔として接していますが、

 

これは相手からすると、会社として接する機会の多い表面の部分になります。

 

 

対して、管理職の方はその相手の立場から見ると、会社の内面(内部)という捉え方で間違いないと思います。

 

担当者や取引先からは、問題解決力や指導力・違った視点の考え方を求められます。

 

 

 

この考え方からすると、やはり担当者や部下と同じ服装の見え方ではダメです。

 

例えば担当者が、真面目で爽やかに見える事に心掛けたスーツ。

 

 

やや明るいネイビーの無地×レジメンタルタイ×白シャツ のようなスタイルの場合。

 

 

その上司であれば、真面目は同じでも、落ち着きと安心感・解決力を印象として持ってもらう必要があります。

 

 

例えば、濃紺のシャドーストライプスーツ、ベストを合わせ無地のシルクネクタイ

 

この前提として、サイズ感だけは、しっかりと合わせて下さい。

 

こういった感じでしょうか?

 

 

 

人の第一印象の、70%は、視覚からの情報に左右されると言われます。

 

特に今は、マスクが顔の表情の半分以上を奪ってしまっています。

 

より、服装による印象力UPが重要となってきているのです。

 

 

 

頻度高く取引先に合う担当者は、接する中で印象が変化していくことも大いにありますが、

 

管理職の方は、最初の印象がいかに大事かお分かりになると思います。

 

 

 

 

服装について、気を付け意識を変える、具体的な話しですが、

 

1・スーツはもちろん、Yシャツもサイズ感を必ず合わせて下さい。

2・トータルコーディネートを意識してください。

3・シワに対して敏感になってください。

4・スーツの連続着用は控えてください。

 

このような感じです。解説しますと、

 

 

 

1・スーツはもちろん、Yシャツもサイズ感を必ず合わせて下さい。

 

このサイズの話を言いかえると「身だしなみを整える」です。

 

この反対語は、「だらしない」です。 ビジネスにおいて最も避けたい言葉の一つです。

 

人なので、だらしない部分はどうしてもあります。

 

ただ、例えば、担当者は多少だらしない部分が見えてしまっても、あいきょうや付き合いの中で人間らしさで収まる部分もあり、

 

また、実際見た目だらしなくても、仕事をキチンとこなせば、ギャップ効果もあり、評価はよくなります。

 

 

しかし

 

 

上司が「だらしない」印象を与えてしまうと、相手からすると=だらしない会社 の印象になってしまします。

 

相手先から見ると、ステージが1つ悪化するのです。

 

 

Yシャツも同じです。

 

 

 

特に。丈が短い場合や、ウエスト周りのサイズが合っていない場合、お腹周りがだらしなく

 

なっていませんか?

 

 

 

このことを意識するだけで、人は少しずつ変わります。

 

 

 

2・トータルコーディネートを意識してください。

 

トータルコーディネートを完成させてください  とまでは言いません。

 

そのようなことは、かなりハードルの高いことです。

 

ただ、意識することで、ハチャメチャな合わせは、なくなります。

 

 

 

朝起きて、食事をして、顔を洗って、着替えるときに、

 

手前にかかっているYシャツをもって、一番上にかかているネクタイをもって、引出しの一番上にたたんである靴下を履いて、奥様に渡されたスーツを着て、

 

行ってきます。  って出かけていませんか?

 

その行動を意識することからスタートしてください。

 

せめて、全て着た後に鏡をみる時間を作ってください。

 

「あれ、何か違うな」 と思う事があるかもしれません。

 

 

 

 

3・シワに対して敏感になってください。

 

シワは、私生活まで、だらしない  と思われる原因になります。

 

特に朝一からのシワはNGです。

 

きちんと、吊るしていない、ことが分かってしまいます。

 

その日のシワは、その日のうちに が原則です。

 

 

 

もちろん、ローテーションの間に、シワが伸びることはあります。

 

どうしても、伸びないシワは蒸気(スチーム)でのびます。

 

 

また、背中のシワは自分ではなかなか気づかないものです。

 

最後、脱いだときには確認してください。

 

 

もう一つ、パンツヒザ裏のシワも定期的にチェックしてくださいね。

 

 

 

 

4・スーツの連続着用は控えてください。

 

ローテーションで着て下さい。週2回以上着ない様にお願いしたいです。

 

毎日着られる場合は、3着以上必要ということになります。

 

スーツは、基本的に 天然の動物繊維(WOOL)で作られています。

 

ということは、休みが必要なのです。

 

それが長く着てもらうことの秘訣で、他の人から見たときに、好印象を保つ秘訣です。

 

 

 

以上のように駆け足で書いてきましたが、

 

 

 

最後に念押ししておきます。

 

担当者や部下は、キッチリと身だしなみが整って、落ち着きが有り、安心感がある 上司がいいと思っていることに、間違いはないのです。

 

 

このことを、意識して、服装に気を付けるように、意識改革お願いします。

 

ビジネススーツ 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約