MENU
よく相談される悩み ~ イレギュラー体型で困っています ~

2020.11.15 コラム スーツ知識・薀蓄

よく相談される悩み ~ イレギュラー体型で困っています ~

 

こんにちわ、「 服を福につなげる仕立て屋 」

ロードハウス ストアマネージャーの河内(カワチ)です。

 

今回は、「 よく相談される悩み ~ イレギュラー体型で困っています  ~  」

について、考えてみたいと思います。

 

イレギュラー体型で多いのは、細すぎたり、学生時代の部活の影響で

既製品が合わないなどの声が多いです。

 

細い方は、骨が出ているケースが多いので、

似たような体型補正を使う事が多いです。

 

部活をされていた方は、そのスポーツで使う部位によって

発達している筋肉が違うので、体型補正は様々になります。

 

では、この2つのケースにわけて考えていきたいと思います。

 

 

 

細い方

 

 

数値でいうと、バスト90cm、ウエスト70cm未満の方は

既製品でお困りの方が多いのではないでしょうか。

 

特に、背が高いのに細い方、細いのに肩幅が広い方

ジャストサイズのスーツを既製品でさがす方が難しいと思います。

 

細い方はオーダーでも、サイズを合わすのが難しい方の体型ですが

既製品と比較すると、一番違いがわかるメリットも持ち合わしています。

 

ブカブカで服に着られている感じをなんとかして欲しい・・・

 

オーダーのいいところは、限界はありますがサイズ調整が出来るところです。

ジャケットは、基本肩幅、パンツはヒップをベースに、関連部位のサイズを

調整してきます。

 

特に気にされるのが、お腹廻りの余りと、パンツの渡りから膝まわりの余りですが

サイズ調整は、5~8cmくらい詰める事ができます。

 

注意点は、単純に詰めるだけでは、バランスが悪くなってしまうので、上下のバランスを

確認しながら進める事が大事になってきます。

 

生地は、ハリコシのある生地を使い、立体的なシルエットにすると

いいスーツが出来上がります。

 

 

 

部活によるスポーツ体型の方

 

 

基本的に筋肉の鎧を身に着けておられる方が多く

タイトなスーツが着たくても、上下のバランス、ウエストとヒップの

バランスが合わない方が多く、既製品では難しい方が多いです。

 

中でもパンツのシルエットが一番難しく、スソの長さを少し変えるだけで

カッコよくも野暮ったくも見えるのが特徴です。気持ち短めの方が

タイトに作った場合はバランスがいいと思います。

 

また、腕を曲げたり、座ったりすると筋肉が膨張しパンパンになる方が多いので

生地は伸縮性が多少でもある方が向いています。また、生地は

しっかりとした打ち込み(密度)がないと、パンツのシルエットが

筋肉の引っ張られて、綺麗なラインが出にくくなります。

 

ジャケットは、肩幅、胸の厚みに対して、お腹がへこんでいる

いわゆる逆三角形の方が多いです。この場合、細くするだけでは

バランスが悪いので、体型補正と全体のバランスを組み合わせて

縦にスッキリ見えるようにサイジングをする必要があります。

 

筋肉をしっかりアピールしたい方と、スラッとスタイルよく見せたい方のように

方向性をしっかり伝えて頂くと、いいスーツが出来上がると思います。

 

 

 

まとめ

 

イレギュラー体型の方は、気にしている箇所がどんな風に仕上がるのか

カッコよく仕上がるのかが一番心配だと思います。

 

当店では、サイズ見本のスーツを着てもらい、ピン打ちしながら

出来上がりに近いスーツのカタチにしていきますので、出来上がりの

スーツのシルエットを確認できるので安心です。

 

また、細い、筋肉質など、同じ悩みを持つスタッフがおりますので

自身の経験からくるリアルなアドバイスが出来ると思います。

 

サイズに少しでも不安がある方は、遠慮なくご相談くださいね。

 

 

 

オーダースーツ初めての方へ

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約