MENU
ビジネススーツのカラーの選び方

2020.10.18 コラム スーツ知識・薀蓄 ビジネス ビジネス

ビジネススーツのカラーの選び方

こんにちわ、「 服を福につなげる仕立て屋 」

ロードハウス ストアマネージャーの河内(カワチ)です。

 

今回は、「 ビジネススーツのカラーの選び方 」について

考えてみようと思います。

 

ネイビー・グレイがビジネスでは主なカラーですが

ネイビーが少ないからグレイを買うとかは

もちろん買い方としては、よくあります。

 

また、別の考え方をすると、「 何の為にスーツを着るのか 」と

考えてみると、ビジネスであれば相手に敬意を払い

相手に印象付ける事も、スーツの大事な役割だと思います。

 

カラーを統一して、印象付ける事も有名な手法ですが

いつも同じカラーは飽きがくる方も多いのではないでしょうか。

 

「 相手に与える印象が良い 」 ⇒ 褒められる ( 一目おかれる ) 

⇒ 「 モチベーションが上がる 」 ⇒  仕事がうまくいく

 

カラーは、とても大事な要素なので、ご自身の思い込みを捨て

第三者が似合うと思う意見を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

色の持つ特性 グレイ

 

・5歳くらい実年齢より上に見せる効果がある

・サイズを合わせないと野暮ったいイメージが強く出る

似合う似合わないがハッキリわかれる

・ネイビーよりもフォーマルなカラーである

・高級な生地でも、光沢が出にくい

 

( ライトグレイ )

 

オススメの人 : ハッキリとした顔立ちの方 ・ クリエイティブな職種の方

印象 : おしゃれ ・ 爽やか

メリット : 着ている人が少ないので覚えてもらいやすい

デメリット : 汚れが目立ちやすい・コーディネートによってチャラチャラして見える

 

 

( ミディアムグレイ )

 

オススメの人 : 白髪の方 ・  安心信頼感が必要な職種の方

印象 : 安心 ・ 落ち着き ・ 信頼

メリット : 汚れが目立ちにくい

デメリット : 既製品に多いカラー

 

 

( チャコールグレイ )

 

オススメの人 : 安心信頼感が必要な職種の方

印象 : 安心感 ・ 落ち着き ・ 知性 ・ 信頼感 ・ フォーマル

メリット : コーディネートが簡単

デメリット : 既製品に多いカラー

 

グレイカラーは難易度が少し少し高めですが、自分に似合うカラーが

見つかれば、本当にいいスーツが出来上がります。是非チャレンジしてみてください。

 

 

 

色の持つ特性 ネイビー

 

・日本人では似合わない人の方が少ない

光沢のある生地が多い

・定番カラーであり、おしゃれで知的な印象を与える

・コーディネートが比較的簡単である

・多くの方が来ている為、印象に残りにくい

 

ネイビーカラーは、オーダー業界でグレイカラーの

トレンドがきても、過半数の割合で売れるくらい

日本人が好むカラーです。ネイビーカラーを購入しておけば

基本間違いはないですが、他のカラーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ブラウン

 

オススメの人 : マスコミ関係 ・ 建築関係 ・ 経営者

印象 : おしゃれ ・ 落ち着き

メリット : 個性が出せる ・ 印象に残りやすい

デメリット : コーディネートが難しい

 

最近は、秋冬だけでなく、春夏にも注文が増えてきたカラーです。

着ている方が少ない分、印象に残りやすくオシャレな印象ですが

コーディネートがやや難しいと思います。小物関係も、買い足しが

必要だったり、少しだけ知識も必要になってきますが、廻りの方からの

印象が一気に変わりますので、イメージチェンジしたい、クリエイティブな

仕事をされている方に向いています。

 

 

 

ブラック

 

 

・光沢がありフォーマルな印象を与える

・ビジネスシーンでは、フォーマルすぎるので、着る機会が少ない

・年齢を重ねてくると、黒が持つ光沢が強すぎて、着にくくなる

・ネクタイとシャツのコーディネートが少し難しい

・無難な印象を与える

 

リクルートスーツを入社してからも、着用している方が多い

ブラックスーツは、ビジネスシーンでは意外と使い勝手が悪い

カラーです。本来パーティーシーンで使うカラーの為

ビジネスシーンでは、あまり好まれないカラーです。

 

若いうちは、大丈夫ですが、ある程度の年齢・役職に

なられた方は、注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

スーツの色の違いから、相手が受ける印象は大きく変わる事が

おわかりいただけたと思います。

 

補足として、淡い色のスーツは、クリエイティブな業界などを除いて

20代・30代前後の方は向いているかも

しれませんが、基本的にはビジネスには向いていません。

 

好きな色を選ぶ事も、スーツ選びの楽しみのひとつですが

相手に与える印象から選んでみるのも、大事な事だと思います。

 

スーツを考える時、好きなブランド・デザイン・色の選択肢の中に

ビジネスシーンを、具体的なクライアントを想定してみると

いいビジネススーツが手に入ると思います。

 

良ければ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

オーダースーツ初めての方へ

 

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約