MENU
スーツ選びのポイント ~生地の見極め~

2020.10.15 コラム スーツ知識・薀蓄 ビジネス

スーツ選びのポイント ~生地の見極め~

 

こんにちわ、「 服を福につなげる仕立て屋 」

ロードハウス ストアマネージャーの河内(カワチ)です。

 

今回は、「 スーツ選びのポイント ~生地の見極め~ 」です。

 

スーツを買うときに、色柄やシルエットは気にする方が多いと思います。

忘れがちではありますが、生地のクオリティも大事です。

 

シルエットを維持する力だったり、着やすさの部分は

生地の影響が大きいからです

 

わかりにくい部分なので、少しマニアックな内容になりますが

一度覚えておくと、シャツやネクタイにも応用できるので

最後まで、読んでみてくださいね。

 

 

 

スーパー○○○’S表示にだまされない ハリコシを確かめて買いましょう!

 

 

既製品もオーダー製品も、生地の製品タグに、「 SUPER 120’S 」

のような、数字が書かれているのを見た事がある方も多いと思います。

 

簡単に説明しますと、ウールの糸のなかの1本1本の繊維の平均太さの

表示の事です。その為、数字が大きくなると、手触りがよくなり金額も上がります。

ここまでは、国際基準なので安心です。

 

問題は、その繊維を糸にして、どれだけの量を使って生地を織り上げているかです。

糸密度の事を業界では、「 打ち込み 」というのですが

例外もありますが、糸の本数が多いほど、優秀な生地になります。

 

これは、生地を握ってみて、ハリコシを感じる事が出来れば

まずは、合格です。ハリコシにもレベルがありますが

生地がしっかりと押し返してくるレベルは、パンツのラインも

綺麗に出るので、ガッチリ体型の方に特にオススメです。

 

買おうと思う生地を、すべて握ってみて判断すると

比較しやすいです。その際は、店員さんに素直に

「 生地のハリコシ確認してみていいか 」

お願いしてみてください。

 

一目おかれますし、店員さんの知識のレベルも

確認できますので、勇気を出して試してみてください。

 

 

 

生地の端に付いている、ブランドのミミは必要か!?

 

 

主に日本輸出用にわざわざコストをかけて付けているので

世界的な流通量で考えると、付いている方が少ないようです。

 

結論、なくても品質に問題ありません

 

 

余談ですが私が、イタリア・イギリスに買付に行って思う事は

ブランドネームの先入観をすてる必要性がある事です。

 

現地では有名でも、日本への輸出が少ない場合も多いので

ブランドイメージの先入観を捨て、目利きで買い付けをするようにしています。

 

ブランドのミミがなくても、生地を触って良し悪しがわかるようになると

現地にしかない良質な生地や、ブランド名が先行している生地などが

わかるようになります。

 

 

 

まとめ

 

仕立ての見極めは難しいですが、生地は少しの知識でわかるようになります。

 

今はほとんどの事が、個人で調べる事ができる時代です。

スーツは、既製品とオーダー製品がありますが基本の考え方は同じです。

 

スーツを着る機会が少なくなってきている時代だからこそ

スーツにも意味をもたせる事が大事なのではないでしょうか!

 

 

オーダースーツ初めての方へ

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約