MENU
ビジネスにはスーツです。「スーツを止めるな!」

2020.08.23 お客様の声 ビジネス スタッフおすすめ商品 ビジネス スタッフダイアリー ビジネス

ビジネスにはスーツです。「スーツを止めるな!」

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

まだまだ残暑が厳しいですね、今年は例年より10月まで気温が高いそうですよ。

 

ブログ記入中の本日は8月23日。

北海道では、朝の最低気温は4℃台、日中の最高気温は25~27℃くらいまで上がるそうです。

 

 

めちゃめちゃ体調管理が大変そうですね。

 

 

ここ岡山でも9月10月にはそんな、体調管理が大変なことになりそうです。

 

 

 

さて、世の中は、コロナの呪縛からなかなか抜け出せない状況が続いています。

 

コロナ対策と経済再生と両軸で社会は動こうとしています。

 

 

 

 

そのようななか、ステイホーム、リモートワーク、などと在宅での仕事時間が確実に増えています。

 

またこの数年で、ビジネスに対しての服装規定といいますか、「ドレスコード」の制限がどんどんなくなってきています。

 

 

 

皆様も感じるところがあるのではないでしょうか。

 

 

いわゆる『ドレスコードフリー』について、私どもスーツ屋は、否定できるほどの材料は持ち合わせていません。

 

そうです、世の中の流れはスーツ屋としても、しょうがないと思っています。

 

 

 

ただし、日本の今の繁栄をもたらした、「スーツ文化」

 

 

 

そして、世界のフォーマルからビジネスシーンを作り上げた「スーツ文化」

 

 

この文化は、守り続けるようにしてください。

 

 

そこで、私からの提言は、

 

ビジネスに携わる人は、

 

ビジネスの現場において、「勝負服」としとての「勝負スーツ」を持ち、そして、活用してください。

 

 

大事なのは、勝負所での着分け、TPOに応じたコーディネートです。

 

 

 

 

「いやあ  たまに勝負所でスーツ着て行ったら、気合入ってるのバレバレで相手が構えちゃうんじゃ?」

 

 

なんて声が聞こえてきそうですが、

 

 

私はそれくらい分かりやすくていい思っています。

 

なぜなら、日本人はやはり、礼節を重んじるからです。

 

 

見た感じ(第一印象を含む)や所作は、相手の方に対しての、誠実さや、大切さなどの大きく強いメッセージになりす。

 

 

 

分かりやすく「勝負スーツ」は、大事な商談や、場合によっては、誠実に謝罪しなければならない時もあると思います。

 

このような時に向けての分かりやすく強いメッセージだけでなく、

 

 

ご自身の内面に気合や気持ちが入ります。

 

 

もちろん立場や年齢、性格、などにより、スタイルは異なります。

 

ですが、やっぱり「勝負スーツ」は、分かりやすく、「オーダー」でいきましょう。

 

 

 

そして、使い分けができる、「三つ揃い」でいきましょう。

 

 

 

気合いの違いですよ。

 

 

 

なんて、半分精神論なことを書きましたが、

 

 

このコロナ禍で、若いスポーツを生業にしようと思っているアスリートが、スカウトや進学がままならなくなっている

 

状態をなんとか助けたいと動いている人達がいます。  #スポーツを止めるな

 

 

 

我々「スーツ屋」は、「スーツを止めるな」 として、やっていきます。

 

オーダースーツ初めての方へ

ビジネススーツ 

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約