MENU
『ゆったりシルエットで体型をカバー』この言葉に隠されたウソとは?

2020.05.30 スタッフダイアリー ビジネス カジュアル

『ゆったりシルエットで体型をカバー』この言葉に隠されたウソとは?

最近は、家にいる時間が増えたせいか、ウエストがとってもヤバく、浮き輪ができてしまい、本日も同僚に指摘され、気持ちは焦っている ロードハウス 赤尾です。

 

 

今回の話題ですが、

 

あくまで、ご自身を、細く、シュっと見せたい方に向けてです。

 

ご自身を大きく見せたい方については、当てはまらないので、 サーっと読んでください。

 

また、男性、女性関係なく同じことが言えるので、どちらかに苦言をいっていることでもありません。

 

ご了承ください。

 

 

表題の、『ゆったりシルエット』とか『ゆったりサイズ』とは、何でしょう?

 

着るのが楽なサイズ感ですよ! なら、納得が出来ますが、

 

写真も、誤解のないように、子供の写真なんか載せてみました。

 

この言葉の中に、これを着ると、『シュっと見えますよ!』とか、『体型が隠せるので、痩せて見えます!』

 

といった、裏の意味を込めてPRしているのであれば、違います。皆様は、お気を付け下さい。

 

 

 

はっきり申し上げれば、

 

ご自身のサイズより、大きいサイズの物を着るという事は、太っていることを、隠しているのではなく、

 

さらに大きく協調して見せている・・ことになってしまっています。

 

 

 

気づいていてください・・・・

 

言い方が微妙なのですが、

 

 

ゆったりしたラインのものを着れば、例えば、お腹の出たラインが目立たないから 良いのでは?とか言いがちですが、確かにお腹の曲線が分かり難くなりするでしょう。

 

 

しかし、

 

サイズが合ったものは、お腹のトップ部分はそのままの大きさです。

 

サイズのゆったりしたものは、お腹のトップのさらに上の大きさになります。

 

 

さらに続けるなら、だらしない印象が加わり二重でイメージダウンです。

 

 

言っちゃった!

 

 

反対に小さいサイズは、収まればいいのですが、

 

バランスのとれていない、太い部分を強調することにもなりますので、基本的には、これも避けた方が無難です。

 

 

 

 

もう一度確認の為に、書いておきます。

 

私は、敵を作るために書いているのではなく、助言として記入していますので、ご理解お願いします。

 

 

 

では、一番いいのは、どういったサイズのものでしょうか?

 

 

この答えは単純で、ご自身のサイズに合っているものが、一番いいのです。

 

 

 

 

特にシュっと見せれるわけではありませんが、少なくとも大きいのを協調する結果にはなりません。

 

 

テクニックとして、上下の丈のバランスや、角度などによる視覚的な効果により、締まって見せたり、足長効果があったりと、いったこともあります。

 

それは、取り入れればいいと思います。

 

 

大きいサイズで、見た目を『シュっと見せよう!』 この考えが違う事を分かってください。

 

 

 

ロードハウスでは、オーダーで、貴方のサイズ できっちりと作ってまいります。

 

オーダースーツ初めての方へ

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約