MENU
デニムシャツとダンガリーシャツ

2020.06.06 お客様の声 カジュアル スタッフおすすめ商品 ブライダル カジュアル 成人式

デニムシャツとダンガリーシャツ

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

先月紹介させていただいた、デニムシャツのブログについて、お客様より反響をいただきました。

 

こんな、ブログを見て下さっている方がいるなんて、ありがたい限りです。調子に乗って、続編のような事を書いてみたいと思います。

 

 

 

 

前回は、デニムシャツとダンガリーシャツを区別せずに、一緒のものとして、デニムシャツが売れていますとの記事を書きました。

 

 

ただ本来は、2つのシャツにシャンブレー生地のシャツを足した3つの生地が近い生地として存在しているのです。

 

この機会にきちんと区別しておきます。

 

 

私の認識では、3種類の生地は、ほぼ似たもので、織の違いと厚みの違いで思っていましたが、正確には違っていました。

(深堀りして詳しく知ることができました。良かったあ 恥をかくとこでした、K様のおかげです。ありがとうございます。)

 

どのように違うのかですが、

 

 

世間一般的に思われているのと、ギャップがあるんじゃないでしょうか。

 

 

本来、デニム生地は、経糸(たていと)がインディゴ染の糸、緯糸(よこいと)が白糸の綾織(あやおり)で、これは、本来のデニムの認識で全く間違いはありません。そして、一般的にはやや厚みがある生地です。

 

綾織は、斜めに模様が入るのが特徴。

 

織の関係で、表面にでてくる縦糸が多くなるので、生地の表面は、インディゴカラーになり、生地の裏面は反対に白っぽくなります。

 

表面は、2/3縦糸のインディゴがでてくるので、インディゴに見えます。

これは、デニムシャツです。

(ここまでは、間違いないです。)

 

この写真は生地の裏側が白で、綾織りなので、デニム生地で間違いないです。

 

 

ついてきていますでしょうか?

 

次に、本来のダンガリー生地ですが、デニムの経糸と緯糸が逆になっている綾織の生地とのことでした。

(そしたら、生地の表面は白っぽいのか?   どうやらそれで間違いないようです。)

 

デニムと色の出かたが逆になります。  ただ、厚みも薄くなるので、デニムほど表と裏の色の違いはないようです。

 

結果、カラーとしては、ブリーチやインディゴの薄いカラーが多くなり、デニムより厚みも薄い生地であるとのことで、

 

市場では、このような純粋なダンガリー生地は少ないようです。

 

 

今までの私の認識では、ダンガリーは、織そのものが平織(ひらおり)で、縦糸がインディゴ糸、緯糸が白糸、といった認識でした。

 

平織は、縦糸と横糸が交互に織られるので、細かい格子柄に見えます。

 

本来のこの織はシャンブレー生地で統一されているのが正解のようです。

 

 

 

これは、シャンブレーシャツです。

 

ということは、私は、シャンブレー生地をダンガリーと呼んでしまっていました。

(ただし、平織のシャンブレー生地もダンガリーと呼ぶこともあり、不正解とも言えないようです。複雑です。)

 

さらに、シャンブレーは、インディゴカラーに限ったことではなく、他のカラーもあるので、表現の幅は広くなります。

 

 

 

さあ、なんとなしに分かってきたところで、

 

 

デニムシャツの、スタイルや着こなしの提案もしておきたいと思います。

 

 

 

デニムシャツで一般的に多く見かけるのは、ウエスタンシャツが多いかな?と思います。

 

こんなシャツです。

 

 

アメカジの代表であるウェスタンシャツをあえて、合わせるのもいいかと思いますが、私どもでは、カジュアルに流れすぎるかなと思い、見本は作っていません。

 

 

ただ、相性は良くデニムスーツやジャケパンに合わせて、少し着崩したりして、素敵な感じになると思います。

 

 

もちろん、オーダーなので、お作りすることも、出来ます。(オプション料かかりますが・・)

 

 

 

その他、私達がおススメしているのは、好きなように作ってもらうデニムシャツです。

 

色やエリ、ポケット、シルエットなど、デニムなので、色々と自分の好きなように作っても、

 

カジュアルでもシャケパンでビジネスでも、イベントでも、相性よく、着こなせるのが、デニムシャツ(ダンガリーシャツ・シャンブレーシャツ)のいいとこです。

 

 

ボタンダウン

 

カジュアルにボタンダウンでも、カッタウェイも  フォーマルにウィングカラーにして、プリーツとって、タキシードとの着こなしをしたりも、

 

 

 

カッタウェイ

 

 

ウィングカラー(プリーツ付)

 

ポケットも、もちろんフラップをつけてもいいし、ポケットなくてもいいし、 本当に自分の好きなように仕上げて下さい。

 

フラップ付、左右ポケット

 

 

ポケットなし

 

 

例えば、白シャツが何とでも相性がいいよくて誠実に見えるように、

 

 

何にでも合う白シャツ

 

 

デニムシャツは、何とでも相性がよくて、オシャレになる、魔法のアイテムです。

 

 

何にでも合って、オシャレになるデニムシャツ

 

興味が湧いてきたところで、『ロードハウスへ』 Let’s go です。

(へんな勧誘ではありません。笑)

 

瀬戸内 シャツ

 

岡山デニムスーツ

岡山オーダージーンズ

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約