MENU
デニムとスーツの相性(オンスと素材)

2020.03.16 スーツ知識・薀蓄 岡山デニム 岡山デニム

デニムとスーツの相性(オンスと素材)

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

世の中でサステナブル、サステナビリティ(持続可能)が大きく取り扱われていますが、

 

社会で取り上げられる以前から、古(いにしえ)から、オーダーこそがまさにロスがでない、サステナブルの代表です。と思っています。

 

 

日本人の根底にある「もったいない」を実践している服なのです。

 

 

今後、さらに注目されることと思っています。

 

 

 

さて、今回は、デニムのウエイト(オンス)とデニムスーツの相性について、書き込みたいと思います。

 

 

 

まず、定義ですが、オンス(oz)とは?

 

オンスは、目付(めつけ)いわゆる、生地1平方ヤード(0.83㎡くらい)あたりの重さ(ウエイト)を表す単位になります。(数字が大きくなれば、重くなります。1oz=28.3g/1平方ヤード)

 

欧米の単位はよくわからんです。

 

 

ポイントは、重さの単位であって、よく間違えられる、厚みの単位ではないということです。

ただ、デニムの場合、重さと厚みがけっこう比例しているので、重くなると、厚くもなるので、あながち間違いではないのですが、・・・

 

 

このデニム生地ですが、分かり易くご説明すると、一般的にメンズのジーンズに使われているオンスが13~16オンスくらいです。

 

(14オンスジーンズ)

 

少しジーンズとしては薄いなって感じる生地で、10オンスくらいでしょうか。

 

 

ただし、これをデニムスーツに置き換えた時、この10オンスくらいが、丁度いいくらいのデニム感がありながら、重量も重くなり過ぎないので、人気の重さ(厚み)になります。

 

(10オンスソフトデニム)

 

通常のスーツと同じ重さや生地の感じで、5オンスから8オンスくらいです。

(180g~280g/㎡なので、普通のスーツ地は200g~300g/㎡で、これに相当します。)

 

 

(5オンスデニム)

 

重さで考えれば、

 

ジーンズやGジャンの重さは、デニムスーツでは、重くなりすぎるのです。

 

 

(12オンスデニム)

 

このオンスは、デニムスーツではかなり重いウエイトです。

 

 

また、スーツを縫製する時に使われているミシンでは、13~14オンスを越えてくると、重さと厚みからスーツとしては、縫うことができないのです。

 

そして、もう一つ デニムスーツで人気の生地があります。それは、・・・

 

 

ストレッチデニムです。

 

ややタイトなシルエットが好まれる方などは、特にストレッチデニムはかかせません。

 

 

皆様もストレッチ生地は分かりますでしょうか?

 

いわゆる、伸びる生地です。

 

ゴムみたいにまで伸びることはないのですが、

 

 

このストレッチがあるのとないのとでは、全く違います。

 

女性の方は、ストレッチパンツなども履かれることもあると思いますので、よくご存知だと思います。

 

このストレッチデニムも、デニムスーツとの相性はバッチリなのです。

 

 

ストレッチ生地と聞いて、女性っぽいとか、フェミニンとか、っていうイメージを持たれる方も多いかもしれないですが、ストレッチ生地は、伸びる特徴があるだけで、女性っぽいわけではありません。

 

(10オンスストレッチデニム)

 

 

この写真はストレッチ生地を使ったデニムスーツです。

 

 

ステッチやボタンなどの選択で、こんなにもデニムらしいデニムスーツができるのです。

 

 

岡山デニムにこだわった、岡山でオーダーするデニムスーツ(ジーンズもGジャンもコートもできますが)!

 

作るのが楽しくなります。

 

岡山デニムスーツ

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約