MENU
スーツをブランドで買うのは正しいか?

2021.11.11 コラム スーツ知識・薀蓄

スーツをブランドで買うのは正しいか?

1つの答えとしては、そのブランドが大好きで、スーツ以外も揃えたいと思う方は、

そのブランドでスーツを買うべきでだと思います。

 

そうではなく、なんとなく、有名ブランドだからと選ばれる場合は、

ブランドで買うべきではないと思います。

 

スーツを1着買うにも、選択肢が多くて選ぶのが面倒でもある時代になってきました。

今回は、少しの知識でスーツ選びに役立つ情報を2つご紹介したいと思います。

 

①生地

②縫製

 

既製品のスーツのブランドを知っている方は多いですが、

生地ブランドを知っている方になると、極端に少なくなります。

 

縫製や生地は、黒子的存在である場合が多いんですが

スーツを考える上では、非常に大事な要素なんです。

 

今回は、少しわかりにくいオーダー業界の少し踏み込んだ内容になりますが、

縫製と生地ブランドについて、書いてみようと思います。

 

少しの知識で、スーツ選びで失敗をしないようにしていきましょう。

 

①生地の生産国を知る

 

生産国は、大きくわけて3つ 「 イタリア・イギリス・日本 」

この3つの国の特性を知る事で、生地の特徴がほぼ決まってくると

言っても過言ではありません。簡単なんで、是非覚えておいてください。

 

 

初めに、日本人で嫌いな方がいないような印象のイタリア生地の特徴は

「 綺麗な発色・軽くて着やすい・おしゃれ 」

 

スーツ発祥のイギリス生地の特徴は

「 定番・質実剛健・クラシック 」

 

我らが日本国の生地は

「 物性が強い・機能性が付加・イギリス生地に似ている 」

 

なんとなくイメージ通りと思われる方も多いとは思いますが

国によって、全く違う性質を持っています。

 

後発の日本は耐久性のある生地を中心に、イギリス生地より

コストパフォーマンスに優れた部分で差別化をしています。

 

生産国を見れば、だいたいの特徴がわかります。自分の好きな方向性の

国を選び、後は、生地ブランドや糸番手・好きな色柄・予算に応じて

選んでいきます。

 

オーダースーツは、選びきれない程のたくさんの生地のバリエーションが

最大の魅力です。もし、こんなスーツが作りたいとイメージが決まっていれば

生地の品揃えの多いショップをさがす事が、欲しいスーツを作る最優先課題になります。

 

 

②縫製の良し悪しとは・・・

 

縫製の良し悪しは、一般の方で判断するのは非常に難しく

正直な話、生産工程を実際に見ないと判断できないと思います。

 

 

でも、ご安心ください。

たしかに、5つ星のファクトリーで縫製したスーツは

素晴らしいですが、つまるところ、技術面が優れた縫製でも、

持っているパターンがご自身に合わなければ、良さを実感する事ができません。

 

例をあげると、イタリアのナポリを代表する高級スーツは

基本的になで肩の方に合いやすいのですが、もしいかり肩の方が

着れば、多くの場合良さを実感できないでしょう。

 

これは、フルハンドメイドで縫製しようとも、ベースのパターンが

合っていなければ、根本的に改善は難しいのと同じです。

 

では、どうすればいいのか・・・

 

技術面だけでなく、複数のパターンの取扱いのある

店舗を選び、さらにその複数のパターンを熟知したテーラーと出会う事が

最高に満足のいくオーダースーツを手に入れる方法です。

 

スミマセン、ショップ選びがさらに面倒になりましたね・・・汗

 

 

③まとめ

 

近年、若者のオーダースーツへの移行が進み、かなり敷居は下がってきた

感じがありますが、実際に体験してみないとわからない事が多いのも

オーダースーツの特徴です。

 

ブランドにこだわらず、ご自身が欲しいと思うスーツを

手に入れる為に、情報収集を頑張ってみてください。