MENU
パンツの裾口。 縫製不良ではないんですよ! 「靴ずれ」

2021.09.07 スタッフダイアリー ビジネス

パンツの裾口。 縫製不良ではないんですよ! 「靴ずれ」

岡山のオーダースーツ専門店ロードハウス山内です。

 

先日、お客さんにもご質問頂いたので、ご存じでない方も多いのではないかと思います。

ちなみに僕も、専門学校でこの部品の意味を教えてもらうまで知りませんでした。

 

パンツの裾口から覗くこんな部品見た事ありませんか?

 

 

「靴ずれ」という裾口に付く部品なんですが、パンツと靴が擦れて穴が開かない様に一枚布を張ってあります。

 

知らない人が見ると、表側に少しだけ覗きますので、一見縫製不良で内側の布が覗いている様に見えるのですが、表から見て2ミリほど覗いていないと、パンツを靴から守る、靴ずれの機能を果たせません。

ですので、表から少し覗いていても補正不良ではないんですよ。

 

ただ、股下丈が短くて裾口が靴に当たらない丈の物や、裾から覗くと目立つ素材、裾幅を細くしてゴワツキが気になったり、シルエットに影響が出る物については、靴ずれを取り付けないテーラーさんも有りますので、その辺は仕立てを知り尽くしたテーラーさんの判断に任せましょう。

 

今回は、ちょっと気になる仕立てのお話でした。

 

秋冬物のスラックス単品の素材も豊富に揃うタイミングです。

是非このご機会にどうぞ。

オーダースーツ早期受注会 2021 Autumn&Winter

 

ではまた。

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約