MENU
買ってはいけないストレッチスーツ!

2021.06.10 スーツ知識・薀蓄

買ってはいけないストレッチスーツ!

ストレッチ素材の服を着だしたら、楽すぎて今までのスーツを

着る機会が減った・・・

 

そんな方も多いのではないでしょうか。

私もその中の一人、ストアマネージャーの河内です。笑

 

カジュアル製品は、ストレッチが当たり前になっていますが

オーダースーツ業界は、縫製の精度が下がる為、遅れているのが現状です。

 

オーダー業界は、近年ピチピチのタイトシルエットから、標準的な

ゆとり量のシルエットにトレンドが移行しています。

 

その為、生地が伸びなくても対応出来ていましたが

取扱いの生地も、ナチュラルストレッチやストレッチ、

ジャージー素材など、伸びるシリーズがやっと増えてきました。

 

 

さて、前置きが長くなってきましたが、ここからが本題です。

着心地がいいので、出来るだけ伸び縮みするスーツを買いたくなりますが

ここで、注意が必要です!

 

ゴムのように伸びる、ポリウレタンを入れた繊維は、デメリットもあるんです。

・耐久性が弱い

・劣化スピードが速い

・パンツのヒザがでやすい

 

いかがでしょう!?

雑誌などでは、お高いブランドがそのような生地を使って

製品を作っているのを見かけます。

 

使い捨て感覚であれば、メリットが大きいと思いますが

長く大事に着たい方にとっては、不向きな商品になってしまします。

 

反対にストレッチ素材でもオススメなのが、ウール100%のストレッチ素材です。

通常のスーツと同じように、ヒザも出なくて長く着れるんです。

 

 

 

 

 

一般的には、少し大きめに織り上げた生地を、ギュっと縮めて伸縮性を

出しているのですが、打ち込み( 糸の密度 )も多く、型崩れしにくく

安心して長く着てもらえます。

 

いかがだったでしょうか!?

同じストレッチでも、知ってると自身の用途にあったスーツを

手に入れる事が出来ます。

 

スーツを買う際は、着心地も大事ですが

長い目で考えて「生地の耐久性」も合わせて検討してもらえると

失敗しないストレッチスーツが手に入ると思います。

 

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約