MENU
失敗しない、パンツの購入方法! 自分の体型の特徴を知る!

2022.06.21 セットアップ スラックス

失敗しない、パンツの購入方法! 自分の体型の特徴を知る!

失敗しない、パンツの購入方法! 自分の体型の特徴を知る!

誰しも、少しでも脚を長く見せたいという想いはあると思います。

 

インターネットで自宅にいながら、ほとんどのモノが買える時代ですが、自身の脚を長く見せることができるパンツを買うのは、知識があっても難しいものです。

 

しかしながら、無知では後悔しか残りません。

 

今回は、パンツを購入する前に、最低限知っておいて欲しい、選び方の基準について考えていこうと思います。

 

デザインも大事ですが、結論から言いますと、パンツ選びで一番大事な事は、ご自身の体形の特徴を知ることです。

 

また、究極の選択肢である、オーダーパンツについても、検証してみたいと思います。

 

目次

タックの特徴を知る

パンツ最大のデザインといっても過言ではない「 タック 」。

 

見た目だけではなく、着心地、シルエットにも大きく影響する大切な部分になります。

 

0タック  特徴 → 股上浅め・ジャストフィット

タイト感を好む方や、お腹の出ている方にお薦めのデザイン。

 

1タック  特徴 → 股上やや深め・少し余裕のあるサイズ感

クラシックなデザインが好きな方や、着心地とシルエットを中庸にしたデザイン

 

2タック  特徴 → 股上深め・余裕のあるサイズ感

ヒップ周りに余裕が欲しい方にお薦めのデザイン

 

素材の特徴を知る

カジュアル用であればコットン、ビジネス用であればウールがメインで使われることが多いパンツ。

 

どちらの素材を購入する場合も、生地の打ち込み( 生地密度 )が重要

 

打ち込みの甘い生地を使ったパンツは、よく言えば柔らかいドレープ感のあるシルエットになり、気になる方にとっては、ハリコシのない安定感のないパンツになります。

 

半面、打ち込みのしっかりした生地を使ったパンツは、柔らかい中にもハリコシがあり、パンツのシルエットがキレイに表現されます。

 

判断方法は、生地をギュッと握りしめた時、生地の反発を感じられるかです。

 

店頭で、何点かさわり比べると、初めてでも反発感は感じることが出来ます。

 

自分の体形の特徴を知る

商品の研究をする方は多いと思いますが、ご自身の体形の特徴について、研究される方は少ないのではないでしょうか。

パンツ選びでは、実は自分研究が一番大事です。

 

反身体・O脚・出尻など、いろいろな特徴があります。ご自身がどんな体形をしていて、どこに特徴があるのかを知らないのに、インポートブランドが作った高級なパンツをはいたとしても、相性が悪ければ宝の持ち腐れになるでしょう。

その為、自分の特徴探しからスタートすることが大事です。

 

主な3つの特徴

反身体

下半身が前に出るイメージで、スポーツをしていた方や、恰幅のいい方に多い体形です。ヒップ下に大きなシワが出るのが特徴で、はき方では改善が難しい場合が多い。

 

O脚

クリースラインが外に逃げる。サッカー経験者に多い。

 

コムラの張り

ふくらはぎが発達しているので、テーパードのパンツなどは合いにくい。

 

 

究極を求める方は、オーダーパンツという選択肢

自分の体形を知れば知るほど、既製品をはいてみて、比較すればするほど、パンツ選びの難しさがわかってくると思います。

 

ちなみに、オーダースーツを作る上で、一番難しいのは、ジャケットでもベストでもなく、パンツです。

 

人間を支えているこの2本の脚は、長い短いだけでなく、湾曲していたり、おしりが下がっていたりと、個体差が大きく、非常に難しい部位になります。

 

では、どうやって身体に合わすかというと、行き着くところは、オーダーパンツしかないように思います。

 

服に身体を合わすのが困難であれば、身体に合わせてパンツを作る。

 

良いところを生かし、欠点を補ってくれますので、脚が長く見えたり、痩せて見えたりする効果があります。一度オーダーしてしまうと、なかなか既成のパンツには戻れない方が多いことからも、お値段以上の魅力があるのではないでしょうか。

 

 

もっと、オーダーパンツ( スーツ )について知りたい方はコチラをご覧ください。