MENU
令和のビジネススーツは何が違う?

2020.09.16 お客様の声 ビジネス スタッフおすすめ商品 ビジネス スタッフダイアリー ビジネス

令和のビジネススーツは何が違う?

ようやく、朝晩と涼しく過ごしやすい気候になってきました。

 

我々スーツ屋は、浮足立ってきています。 スーツシーズン到来です。

 

こんにちは、ロードハウス 赤尾です。

 

 

今回ですが、私が生まれた時代の 昭和から → 平成 → 令和 と時代が変わってきて、

 

ビジネスにおけるスーツ(ビジネススーツ)のスタイルはもちろん変化していますが、

 

ビジネススーツ そのものの『有り方』とでもいいましょうか、

 

変わった部分と変わらない部分 とあるんじゃないかということで、

 

そんな話をしていきます。

 

 

 

少し前には、ビジネスには、やっぱりビジネススーツが必要です。勝負スーツが必要です。っていう話をさせてもらいましたが、

 

今回は、もう少し掘り下げて、話したいと思います。

 

 

まず、ビジネススーツのスタイリングですが、

 

前提として、時代の経過とともに、皆様の着こなしが上手になっていることは確かです。

 

言い換えれば、センスが良くなっています。

 

 

 

これだけ情報が乱立する時代において、ご自身の立場や好みによって、取捨選択して着こなして

 

いらっしゃいます。

 

どうゆうことかと、言いますと、ビジネススーツのスタイリングにおいて、今は「これっ!」

 

といった、スタイルがあるわけではないいうことです。

 

例えば、昭和バブルの頃は、みんなが、ダボっとしたスーツを着ていました。

 

ダブルのスーツも多かったですし、

 

みんなタックの入ったスラックスを履いていました。

 

 

 

平成になり、反対に、タイトでモードっぽい、スタイルが中心になりました。

 

 

そんな中で、ブリティッシュが良い時代も、イタリアンが良い時代も、あり、

 

平成の終盤からこの令和にいたっては、これらのスタイルが、全て乱立しています。

 

 

 

トラッドもかこいいですし、ダブルのスーツもまた認知されています。 タイトが好きな方もいらっしゃれば、

 

ゆったりスタイルもキテいます。

 

その中で、自分に合うスタイル、好きなスタイル、を上手に選択して着こなされている時代になっています。

 

ということは、?

 

ビジネスの場面においての、服装のこうあるべきという、決まったスタイルがなくなってきているということです。

 

 

 

そして、制服感覚であった、ビジネススーツの有り方が、内面を映し出すスタイルに変わってきています。

 

例えば、昔よく問題になった、高校や中学の校則がきついんじゃないか?  っていう話も

 

なくなってきたと思いませんか?

 

それと同じです。 自由度が増したからこそ、自己管理や自主性が大切になったのといっしょなのです。

 

 

次に、ビジネススーツを着る機会について話したい思います。

 

平成のクールビズ、平成後半のスーパークールビズなどを経て、

 

 

 

ご存知のように、世間では、リモートの機会が増えて、スーツを着る機会が減った人も多くいらっしゃいます。

 

そうでなくても、先進的な業界が中心になって、仕事着としてのカジュアル化やドレスコードフリーが進んでいます。

 

ビジネススーツを着用する頻度は確かに業界によって凸凹はありますが、減少してきています。

 

ただし、(ここからが、クライマックスです。)

 

この状況においても、ほとんどのビジネスマンが、着る機会は減ってるけど、着る機会は確実にあって、

 

ビジネススーツは

 

 

 

必要なんです。って方が、ほとんどなんです。

 

ここから、さらに考察します。

 

先程お話したように、令和の時代は、個人でスタイリングを管理する時代になった為に、ビジネススーツを

 

制服として着用していた人には、大変な時代になってきています。

 

スタイリングを自分で決めて、カジュアルからビジネススーツまで、仕事着を管理しなければならないのです。

 

まとめます。

 

そこで、令和のビジネススーツは我々テーラー(オーダー)の出番なのです。

 

 

 

1・ 着る機会が減ったからこそ着るタイミングは大事な時です。

ご自身に合った、仕立てのいいスーツを着て下さい。

 

2・ 仕事で着る服を自分で考えなければならない時代だからからこそ、我々といっしょに作り上げましょう。

 

3・自分のスタイルを持った方は、オーダーでなければ表現できないことが多すぎます。

 

すみません、長々と書いてしまいました。

 

自分への戒めとしても、我々も日々進化しなければ、令和はこれをやっていればOKの時代ではないので

 

ついていけなくなり、皆様に合うスーツ、いいスーツ、欲しいスーツ を提供できなくなりますので、

 

書きました。

 

最後まで見て頂いてありがとうございました。

オーダースーツ初めての方へ

ビジネススーツ 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約