MENU

リクルートスーツ

オーダースーツがベストな選択

Question

そもそもリクルートスーツってどんなスーツですか?

Answer

実は、「リクルートスーツは○○でなければならない」という明確な定義はありません。

 

しかしながら、就職面接では見た目の印象を左右する大事な役目を担っています。

企業の採用担当者とスーツに関する話をしていると、こんな事をおっしゃっていました。

「スーツだけを特別チェックすることはありませんが、きちんと自分に合ったスーツを着て清潔感のある身だしなみの学生さんは、入社後も丁寧な仕事をしてくれると期待できます。一方で、身に合ってないスーツを着てる学生さんは、仕事でも細かな気遣いが出来ないのかな?と不安に感じてしまいます。」

そう、スーツを含めた身だしなみが入社後の仕事に関連付けて見られ、合否基準にもなっているのです。

 

 

就職活動の目的が「希望する会社に選ばれて合格する」ことである以上、リクルートスーツは、採用担当者から好印象を勝ち取るための重要なアイテム。

 

リクルートスーツは、自分を好印象に見せてくれるスーツであるべきです。

Question

「リモート面接」リクルートスーツは着なくて良い?

Answer

リモート面接で「服装は自由」と言われる場合でも基本はスーツ着用です!

日本では現在「就活=服装はリクルートスーツ」の考えが、企業にとっても就活生にとってもまだまだ一般的。

 

したがって、服装に対しての言及がない場合や自由と記載されているときでも、カジュアルファッションのコーディネートを考える必要などなく、リクルートスーツ着用で臨むべきでしょう。

 

コロナ渦で急遽浸透したリモート面接ですが、一昨年、昨年の、先輩方のリモート面接の失敗談として「自宅の雰囲気に呑まれてしまって段々気が緩んでしまった。。。」という声が多数上がっています。

 

緊張感を維持するためにも、ワイシャツ&スーツ&ネクタイの着用はとても有効です。

 

なお、モニター越しとは言え、何かの拍子に全身が相手に見えてしまう可能性は大いにありますので、上半身だけではなく当然必ず足先まできちんと整えて下さい。

 

 

ただ、モニター画面に占めるスーツの面積は大きいので、一般的なリクルートスーツ=ブラックでは、モニター越しの印象は当然暗く(黒く)なってしまいます。

 

就職活動が対面面接ではなくリモート面接だけであれば、スーツの色は、ブラックでなはくネイビーを選択するのも良いと思います。

Question

学生にオーダーは贅沢ではありませんか?

Answer

学生さんにとってリクルートスーツは、希望する会社に選ばれて入社し、充実した人生を送るための重要な役目を担っています。

 

「みんなが買っている店だから」「安いから」で簡単に選ぶべきではありません。

自分の将来のためにリクルートスーツに意識と費用を掛けるのは当然です。

それを贅沢とは言いません。

オーダー金額は生地やオプションによって高額になったりしますが、学生さんのベーシックなスーツでしたら既製品と同程度の金額でお作りいただけますし、既製品を買ってお直しをするより安価となることもあります。

 

 

私共は、これまで多くの学生さんのリクルートスーツを作らせていただきました。

 

まだスーツを着なれていない学生さんだからこそ、私共専門のフィッターを上手に利用して、自分にとって最良のリクルートスーツを手に入れていただきたいと思います。

学生さんのリクルートスーツのお悩みTOP3

■ずっとスポーツを続けてて筋肉質なスポーツ体型なので既製品が合わない

■やってきたスポーツの特性上、上半身(下半身)だけに筋肉がついてて上下のサイズが違う

■自分にはどのサイズのスーツが正解か分からない

「小中高からずっとスポーツの部活をしてて筋肉がついてるから既製品のスーツが合わない」とお困りの学生さんは非常に多いです。

 

ですが、サイズに関するそのお悩みはロードハウスのオーダーで“ 簡単に ”解決が出来ます。

なぜ
既製品のスーツが合わないのか?

例えばサッカーをしてる方は下半身の筋肉が特徴的。お尻の部分と腿部分が発達している人が多い傾向にあります。

パンツのサイズに合わせてジャケットを購入してしまうとジャケットがダボダボという状態になるでしょう。

 

さらに、パンツ自体もサイズが調度良い!と満足出来ることは少なく、ウエストサイズで選ぶと太ももの部分がとても窮屈でパツパツ!という状況になる場合が多いと思われます。

スポーツの種類によって発達する筋肉の箇所が様々ですが、既製品で売られているスーツは通常、ジャケットは身長、パンツはウエストでサイズが決められているので、スポーツをしていて筋肉の付き方に特徴がある人が既製スーツを着ると、必然的にある部分だけサイズが大きかったり小さかったりするという状況になってしまうのです。

なぜ
ロードハウスのオーダーで解決出来るのか?

一般的なオーダースーツの特徴としてはまず、肩幅や腕の長さ、胸囲、足の長さといったように、それぞれの箇所の寸法サイズを合わせます。

 

ここまでなら、既製品のお直しや一般的なパターンオーダーでも対応出来る可能性がありますね。

 

ただ、当店のサイズ合わせはここからが本番です。

 

筋肉の付き方をじっくり見てその人の特徴に合わせた独自の体型補正というものを施して身体に合わせていくのです。

スポーツ体型の方にとってサイズが合うスーツを見つけるためには、個々人ごとの細かな採寸と身体に合わせた体型補正が不可欠です。

 

既製品のお直しというレベルでは対応は難しいでしょうし、かなり高額なお直し代がかかってしまうでしょう(しかも、お直しの場合、ジャケットの長さを短くしてもボタンやポケット位置は調整が出来ないので全身のバランスが崩れます)。

 

そもそも、何件も何件もお店を回って何着も試着を繰り返すなんて時間自体が勿体ない!

 

スーツのことはスーツのプロに任せてみませんか?

アスリート専用型紙ご用意しています

詳しくはこちら

STUDENT DISCOUNT

 学生さんを応援します 

学割

2パンツスーツ

学生証ご提示で

77,000 yen(税込)

通常プライス 92,400 yen(税込)

学割で15,400円お得です!

●連続して着用することもある就活シーン。パンツが2枚あると汗や汚れなどの心配から解放され、本番の面接でパンツがシワシワでみっともない!なんて心配も無くなります。

 

●入社後も活用出来ます。

 

●自然に伸びて体に馴染むナチュラルストレッチ素材は、動きやすくて学生さんにおススメ。黒無地以外にも約30種類色柄がございますので、お好みでお選びいただけます。

 

●リクルートだけでなく、入学式や入社式用スーツにもご利用にもいただけます。

合わない既製品スーツを着て自分の印象を下げたり、既製品をお直しするよりも、断然コストパフォーマンスが良いと思いませんか??

 

是非、オーダースーツの学割をご利用下さい。

リクルートスーツ

選び方と着こなし

について

オーダーと言っても、サイズ見本スーツを実際に着てサイズ感を体感しながら進めていくので難しいことはありません。

企業の採用担当者目線で、最適のサイズ感をご提案させていただきますので、自分にはどのサイズのスーツが正解なのか分からない学生さんもご安心下さい。

私共は、これまで多くの学生さんのリクルートスーツをつくらせていただきました。

まだスーツを着なれていない学生さんだからこそ、私共専門のフィッターを上手に利用して、自分にとって正しい最良のリクルートスーツを手に入れていただきたいと思います。

就活の成功

HAPPYな人生のために!

「リクルートスーツはオーダーがベスト!」な理由

既製品で自分に合うサイズのスーツを見つけるのはとても難しい

何件もお店を回って何度も試着する時間がもったいない

リクルートスーツは自分の将来への投資である

学割でお得にオーダー出来る

オーダースーツショップ「ロードハウス」は
学生さんの就職活動を応援します!

STUDENT DISCOUNT

 学生さんを応援します 

学割

2パンツスーツ

学生証ご提示で

77,000 yen(税込)

通常プライス 92,400 yen(税込)

学割で15,400円お得です!

<学割企画>

・ご注文時に学生証ご提示が必須条件

・ナチュラルストレッチ素材(ウール&ポリエステル混紡)の2パンツスーツ(ジャケット1着+パンツ2着)を、通常価格より15,400円お得な77,000円(税込)でオーダーいただけます

・予告なく企画が終了する場合がございます

・他優待と併用不可

STAFF INTRODUCTION

スタッフ紹介

お客様を担当するのは、豊富な知識と経験はもちろん、

所作を心得たスタッフです。

DAISUKE AKAO

フォーマルスペシャリスト

AKIHIRO KAWACHI

ストアマネージャー/シューフィッター

KAZUYA YAMAUCHI

バイヤー/上級洋服技術士

▼ オーダーの流れ ▼