MENU


Tuxedo

タキシード

「新郎新婦自らがホストとなり、ゲストをお迎えする

結婚式においては正礼装でお迎えするのがマナー」

 

 

そう考えると、新郎衣装として王道なのは、

やはり正礼装であるタキシードです。

オーダータキシード

 

119,900 yen~

(税込)

そもそもタキシードとは?スーツとの違いは?

タキシードとスーツの違いを一言で言うと、タキシード=フォーマル、スーツ=インフォーマルということ。

 

一見すると、同じような仕立てに見えますが、タキシードには拝見という光沢のあるサテン襟があしらわれていたり、パンツのサイドに光沢のラインが入っていたりと、細部の仕立てにスーツとは異なるタキシード特有の部分があります。

 

その細かなディテールが最終的には佇まいに正装という雰囲気を醸し出すのです。

タキシードの顔は襟(ラペル)

タキシードの襟には2種類。

「ピークドラペル」はかっちりと引き締まった印象の襟。

最もフォーマルな表情のラペルデザインとされていますので、しっかりとした正装の雰囲気を演出されたい場合にはピークドラペルが最適です。

「ショールカラー」は切り返しがなく、緩やかなカーブでデザインされているので優美な印象を与えます。

正礼装のタキシード選びで1番重要なのはサイズ感

せっかく正礼装の装いをしてもサイズを間違うとスマートに着こなせず、タキシードが台無しになってしまう可能性があります。

 

大人の装いのはずが、借り物のスーツを着た子供のようになり新婦をエスコートするシーンに違和感が生じてしまいます。

 

タキシードを着る際には、通常のスーツよりもサイズ選びは真剣にするべきです。

 

これまで多くの新郎様のタキシードを仕立させていただいておりますので、最も素敵な立ち姿となるサイズ感をご提案させていただきます。

雰囲気をつくるのはカラー(色)

現在のタキシードは様々なカラーがあります。

 

新婦のウエディングドレスや会場の雰囲気に合うカラーを選んで素敵な挙式を演出して下さい。

 

タキシード定番のホワイトやダークカラーの無地だけでなく、最近人気のナチュラルカラー、ファンシータキシード用にチェック柄や岡山デニムなど、5,000種類の生地をご用意しています。

多くの新郎様は

「自分が着るタキシードを選ぶ」のは初めてです。

どんなカラーを選べば良いか

 

どんなサイズ感なら格好良く見えるか

 

戸惑うことが多いと思います。

 

ロードハウスでは、

タキシードのベースとなる生地は

新婦のドレスや会場の雰囲気に合う色柄をお選びいただけるように

5,000種類以上ご用意しており、

正装の装いで最も重要なサイズに関しては

体型補正も加えた本格的なサイジングを行って、

多くの新郎様のタキシードを仕立させていただいております。

大切な日に着る正装タキシード

既製品やレンタルのお品は気軽に試着出来るので

選びやすいと思いますが、

 

大切な衣装を新婦と一緒に生地やデザインを選びながら

自分たちだけの1着を1からオーダーすることは

 

これからの人生の中でとても素敵な想い出になります。

 

ぜひ一度、新婦と一緒にご来店・ご相談下さい。