MENU

大きいサイズをお探しの方へ

こんな悩みはありませんか?

 

「 ジャケットのボタンを留めるとキツい 」

 

「 身長は低いけどお腹廻りが大きいのでどのサイズも合わない 」

 

「 上着丈がいつも長くなる 」

 

これまで、既製品スーツでお困りだった男性の皆様。

 

自分の身体に合わせて作るオーダーをぜひご利用下さい。

 

「既製品でも着れるけど、もっとゆったりしてて着心地が楽なサイズ感のスーツが欲しい」という男性のご要望も叶います。

 

 オーダースーツ

 

生地代+仕立て代(税込)¥66,000~ ( 大寸料金不要 )

お渡し ご注文から30日~

 

サイズ合わせの流れ

1-メジャー採寸

全身必要箇所を採寸させていただきます

※メジャー採寸の際は、出来るだけ軽装になっていただくほうが、お客様のお身体の特徴も把握出来て誤差が無い採寸が出来ます

※また、可能な限り、下着も、スーツご着用の際と同じタイプのものを付けていただくことをおススメします

2-サイズ見本スーツ試着

採寸結果を基に、サイズの基準となる見本スーツをご着用いただきます

3-ピン打ち

ピンを打ちながらサイズ調整をしていきます

お客様に、お鏡を見ながらの見た目と、着心地に関係するゆとり量をご確認いただきながら、調整する分量や箇所を相談しながら行っていきます

※フルオーダーではないため、パターン(型紙)の調整範囲を越える大幅な修正は出来ない場合もございます

 

既製品のお直しとは違います

既製品のお直しは、ただその箇所のサイズを直すだけなので、全体のバランスが崩れてしまいます。

 

例えば、ジャケットの長さを短く(長く)しても、ボタンの位置やポケット位置は調整が出来ません。当然、費用も掛ります。

 

サイズが合うとは、ただその箇所その箇所が合っているというだけではなく、全身のトータルバランスがキレイに整っているということです。

 

出来上がりスーツの調整では叶わないことも、最初から自分に合わせて作るオーダーでしたら、簡単に叶います。

 

この点が、既製品のお直しとの絶対的な違いです。

これまで、既製品スーツでお困りだった男性の皆様。

 

自分の身体に合わせて作るオーダーをぜひご利用下さい。

 

 

 

サイズ選びの注意点

 

大きいサイズで隠しちゃダメ

細くオシャレに見せるには、ストレッチ生地をジャストサイズで選ぶ事がポイントです。

 

大き目のサイズは、着やすいですがより体が大きく見え、メリハリがなくなってしまいます。

 

少しタイトかな?

 

と感じるくらいのサイズ感をベースに、生地の伸縮からくる着心地の良さを加味するのがベストなサイズ選択になります。

オーダーアイテム 一例

成人式

新郎衣装

デニムスーツ

ビジネススーツ

フォーマル

ビジネスジャケット