MENU

岡山デニムスーツを生地で楽しむ

色は洗いで変わる

デニムの場合、元々の色は染める方法や顔料にもよりますが、藍色(あいいろ)に染め上げた物を洗いを掛ける事により青さを調整をする事になります。

ですので一度洗いを掛けるとデニムは唯一無二、この世に一つとして同じ藍色は無いのです。

染めてすぐの状態(リジット)と呼ばれるネイビー系からインディゴの美しさが映えるブルー系、爽やかな印象のサックスブルー系と洗い調整をしてデニムをご用意しております。

貴方らしい藍色を見つけて下さい。

着心地は厚みで変わる

生地は、厚みが変わると出来上がりの雰囲気を大きく変化させます。

見た目と共に着心地も厚みにより変化しますので着用用途に合わせた生地選びが重要になってきます。

一般的にデニムの生地の厚みはoz(オンス)表記で表されています。

ロードハウスではデニムスーツに適した岡山デニムを5oz~12oz でご用意しております。

 

エレガントに美しく纏う  6oz~8oz

変化を楽しみとことん遊ぶ  8oz~12oz

 

※数字が大きくなるほど分厚く重たい生地になります。

イメージは柄で変わる

インディゴで染めたデニムの仲間も多く岡山産生地でご用意しております。

ヒッコリーデニムや珍しいウォバッシュなどまた一味違う楽しみ方もありますので、生地見本からお選び頂けます。

岡山デニムとは

ジーンズ(パンツになった物)と言えば、岡山県の児島を思われる方が多いですが、 デニム生地の生産は備中備後が国内生産の80%以上のシェアを誇ります。 ロードハウスではその中でもKUROKI DENIMやKAIHARA DENIMなどナショナルブランド、プレミアゾーンと呼ばれる高級ジーンズブランドの素材として世界のトップクラスでも取り扱われている拘りの素材を中心に取扱いしております。 より詳しく岡山デニムについてご覧になりたい方はこちらもご覧下さい。

  • ホーム
  • インフォメーション
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 来店予約