MENU

シャツのサイズ重要ポイント

アームホール

アームホールとは、胴体と袖の縫い合わせの箇所をさします。

 

アームホールが体に対して大きいと、腕を上げた際に袖に連られて胴体側の生地も同時に持ち上がり、

腕が上げ難く、ズボンのウエストからシャツの裾が出やすくなってしまいます。

 

 逆にアームホールが小さいと窮屈でシャツとして着いられません。

 

その為、一般的な既製品のシャツでは窮屈で着られない事を未然に防ぐ為に、

大き目にアームホールを設定している事が多く、

アームホールから肘にかけてダボつく事になり、二の腕も太くなって見た目も悪く、

動き難くなる傾向があります。

 特にオーダーでズボンをスッキリ細見にまとめた場合には、

二の腕部分のダブつきが強調され野暮ったく見えてしまいます。


全体を細見にスッキリ見せる手法として、胴回りを細くすることを想像されると思いますが、

合わせて、アームホールから続く二の腕部分を細くすることも同様な効果が得られます。


アームホールを適度にフィットさせる事で、

 胴体と袖の動きが独立し、腕の上げ下げがスムーズになり、見た目もスッキリフィットした物に仕上ります。