MENU

シャツのサイズ重要ポイント

アームホール

アームホールは胴体と袖の縫い合わせの箇所ですが、ここが大き過ぎると、二の腕も太くなって見た目が悪くなってしまいます。

 

既製品のシャツでは一般的にダブつきやすい箇所です。特にボトムが細見パンツの場合は、二の腕部分のダブつきが強調され野暮ったく見えてしまいます。

 

細見にスッキリ見せる手法としてウエスト周りを細くすることを想像されると思いますが、実は、袖の二の腕部分を細くすることも同様な効果が得られるのです。

 

アームホールを細くすると窮屈になるのでは?と心配されるかも知れませんが、そんなことはありません。

 

 むしろ、胴体と袖の動きが独立するので腕の上げ下げがスムーズに楽になります。