MENU

オーダーシャツ

スーツの着こなしにも影響します

スーツの中に着るシャツは、見える部分が少ないのであまり需要ではないと考えられがちですが、スーツスタイルの印象を決める際に重要な役割を占めています。

 

サイズの合わないシャツを着ていると、シワやたるみがスーツの上からでも分かってしまいます。

 

例えば、バスト周りが大きすぎるとVゾーンにごわごわと余計なシワが出て、だらしない印象を与えてしまいます。特にこのVゾーンは、正面に位置し人目に付きやすい箇所なので注意が必要です。

 

二の腕が太過ぎると、袖の中でゴワついて着心地が悪くなるだけでなくスーツのシルエットにも悪影響を及ぼします。

 

袖丈が短すぎてジャケットの袖から見えなかったり、逆に長過ぎてスーツの袖口からシャツが出過ぎるのも子供っぽく見えてしまうこともあります。

 

そして、首周りがゆるんでいてはネクタイを締めた際にすっきりとまとまりません。

 

 

スーツスタイルをスッキリ格好良く決めるためには、まずは身体にフィットするシャツを纏い、その上からサイズの合うスーツを着るのがセオリーなのです。

 

 

ロードハウスでは、スーツをお作りいただくお客様には、一緒にシャツのオーダーもご提案させていただいております。

 

せっかくサイズを合わせてスーツをお作りいただくので、シャツもお身体に合わせたものを一緒に着ることで、100%の着こなしを叶えて頂きたいという想いからです。

 

決して押し売りをするつもりはありませんのでご不用の場合はご遠慮なくお断り下さい!