スタッフブログ

Home>スタッフブログ春夏、秋冬の違いついて!!

春夏、秋冬の違いついて!!UPDATE 2017.01.29 スタッフダイアリー

みなさんこんにちは、オーダースーツ専門店ロードハウスの遠藤です。

 

今日の岡山は、生憎の雨ですね、、

最近、買い物に出掛けると、新作の春物が、続々と出ていますね!!

 

 

なんと、スーツにも春夏用、秋冬用とあるんです!

みなさんご存知でしたか??

 

 

一般的に、スーツには夏用(春夏物)と冬用(秋冬物)、そしてオールシーズンといったように、季節ごとに種類が分かれています。中でも、オールシーズンは、文字どおり全てのシーズンを通して着ることを想定した物です。

 

この様にスーツは、季節ごとで変えて、着た方が傷みにくく、長持ちします。

 

特に夏場など、汗をかきやすい季節には注意が必要です。汗をかくとスーツは蒸れてしまいます。スーツが蒸れると嫌なニオイの原因となります。毎日同じスーツを着るよりも、何着かで着まわした方が衛生的です。

 

 

だったら、「オールシーズンのスーツだけあれば良いいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません、、、オールシーズンのスーツは、冬は冬用スーツを着るより寒く、夏には夏用スーツを着るより暑くなってしまう傾向がどうしてもあります。

オールシーズンで着ることができるスーツは「夏なのに涼しい日」や「秋なのに暑い日」なんてときに使い勝手が良いです。
特に季節の変わり目は気温の変化が激しいです。そんな時期にこういうスーツが1枚あると便利です。

 

デスクワークなどインドアの仕事が多い人であれば、オールシーズンのスーツだけで一年中過ごすことも可能かもしれませんが。しかし、営業職のようにスーツを着て外に出る機会が多い場合には、夏用と冬用を使い分けたほうが快適に過ごすことができます。

 

じゃあ、いったい春夏用は、何が違うの??って思いますよね?

 

 

スーツ生地は、重さで表します。
おおよそですが、夏用と冬用の重さはこんな感じです。
夏物:230グラム前後
冬物:約260グラム以上
生地が厚ければ、それだけ多くの空気をため込むことが出来ます。

(=外気との断熱効果)

その為、冬の防寒に適していると言う事なんです。
逆に薄ければ空気がため込まれなくなりますから、当然涼しくなりますよね。

 

 

生地も違うんですよ!

モヘア(アンゴラ山羊からとれる獣毛)、麻、綿、ウール、ポリエステルなど

スーツの裏地は、背抜きで、着ていても軽くて、涼しいのが特徴です。

春先から気温が上がるので春夏物のスーツであれば、快適に過ごすことが出来ます。

 

 

背抜きとは、この様に裏地が、背中半分になっている仕様の事です。

_MG_2788

 

 

 

 

じゃあ、次はいつ頃から、衣替えをしたらいいの?って思いますよね?

目安は、3月~5月頃です。

 

秋冬用から、春夏用のスーツへ衣替えをする場合、年によって、その時期も前後します。やはり、天候や気温の影響があります。春先は、(3月頃)は、暖かくなってきたら、急に真冬のような寒い日があったり、雨の日が続いたりと、寒暖差が激しく感じとても不安定ですよね?

 

そんな時に大活躍するのが、『スプリングコート』です!!!

 

次回、スプリングコートについて書きます。

 

 

News

Blog

PAGE TOP
  • Home
  • Concept
  • Order item
  • Coordinate
  • Staff Blog
  • Other item
  • Store information
Facebook
Twitter
Instagram
〒700-8562 岡山市北区問屋町1番地103
TEL.086-244-4441
lordhouse@caitac.co.jp
営業時間 10:00~19:00
休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
FAQ
copyright (C) 2016 LORD HOUSE. All rights reserved.