スタッフブログ

Home>スタッフブログ違いのわかる男!

違いのわかる男!UPDATE 2017.07.30 スタッフダイアリー

皆さんこんにちは。岡山のオーダースーツ専門店ロードハウスの遠藤です。

 

蒸し暑い日が続きますね、、

こんな時は、ちょっと一息ですね(笑)

あまり普段は、コーヒーを飲まないんですが、たまに飲むこともあります(笑)

挽きたてのコーヒーは、美味しいと言われますが、違いがよくわからない(涙)

酸味とか、苦みとかどちらかというと、甘い方が嬉しいです(笑)

近なのじゃ、ダメですね!大人の男は、違いがわからないと!

 

違いのわかると言えば

 

春夏スーツ、秋冬スーツの違いです。

春夏と秋冬スーツの見分け方は基本的に、

・春夏ものは背抜き仕様、秋冬ものは総裏仕様

春夏ものは薄く軽い生地、秋冬ものは厚い生地

の2点で見分けることができます。

 

しかし、最近では室内も暖房が効いている為、秋冬でも背抜きにされる方もいます。

 

 

平織りが、春夏物と言われる生地に多い織り方で

スーツの背中の裏地が上半分となっていて涼しく着ることができます。

背抜き

 

少し暖かくなってきた春先などに活躍するスーツです。

生地は1平方メートルあたりの重さが、約200g~250gほど。

夏

 

 

 

 

綾織りというのが、秋冬物の生地に多い織り方です。

現在スリーシーズンというとこちらの冬中心のものが主流となっています。暑い真夏以外は着ることが出来るため、まず一着目にはこのオールーシーズンものをと購入する人が多いです。

総裏

 

生地は1平方メートルあたりの重さが約260g~350gほど。

冬

 

生地が厚いほど多くの空気を溜め込めて、断熱効果が増すため、厚手の生地ほど冬の防寒向き。340gほどになると冬でも快適になります。

 

 

体感温度と生地の重さは大きく関係していて、重くなればなるほど暖かく感じ、軽くなるほど涼しく感じます

 

 

 

 

衣替えの目安なんですが、春夏シーズンは4~9月、秋冬シーズンを10月~3月と考えるのと良いと思います。

 

一般的に、気温で言うと25℃を目安に衣替えを行うといいと言われています。

 

季節の変わり目は、特に日ごとに気温が変わるので目安の一つにしてみてくださいね。

 

 

毎日着るスーツだからこそ、快適に過ごせるように生地や素材にも気を遣いたいですね。

 

News

Blog

PAGE TOP
  • Home
  • Concept
  • Order item
  • Coordinate
  • Staff Blog
  • Other item
  • Store information
Facebook
Twitter
Instagram
〒700-8562 岡山市北区問屋町1番地103
TEL.086-244-4441
lordhouse@caitac.co.jp
営業時間 10:00~19:00
休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
FAQ
copyright (C) 2016 LORD HOUSE. All rights reserved.