スタッフブログ

Home>スタッフブログ正統派スーツ=3ピース

正統派スーツ=3ピースUPDATE 2016.03.19 スタッフおすすめ商品

こんにちは。
STAFF 延岡です。

 

本日より、世間では春の3連休です。
この仕事をしていると土日を含めた3連休には全く無縁になっています(笑)
春らしく過ごしやすい気候が続いているので、たまには観光に出かけてみたいものです。

 

さて、最近のメンズ雑誌を見ていると「3ピース」「ジレ(ベスト)」「ジレ(ベスト)付スーツ」など、
スーツ本来の着こなしとされるクラシックな正統派スタイルが記事としてよく取り上げられています。

 

例年、春夏のシーズンは「クールビズ」の浸透もあり、あまり取り上げられない「3ピース」や「ジレ(ベスト)」と
いったキーワードですが、ここ2年くらいの秋冬の「ジレ(ベスト)」や「3ピース」ブームが大きく影響し、
春夏のシーズンにも進行してきた形です。

 

いまや「結婚式」や「お呼ばれパーティー」などのイベントではもちろんのこと、
普段の「ビジネスシーン」でも多くの方がジレ(ベスト)付の「3ピース」をご着用されています。
当店ロードハウスでも、スーツをご購入頂く約8割以上の方がジレ(ベスト)付の「3ピース」でご注文されています。

 

そこで今回は、雑誌やスーツ業界でも注目が高まっている「3ピース」スーツをご紹介します。

 

_MG_5100(修正版)

 

毎年、春夏シーズンにはイタリア素材らしい上品な色使いと柔らかく軽い着心地より大人気の
Lanificio di Tollegno(ラニフィシオ・ディ・トレーニョ)/Super120′s」コレクション。

 

今年の春夏トレンドカラーの「ネイビー」カラーと合わせて、人気急上昇中の「ミディアムグレー」カラー。
ライトグレーほど派手すぎず汚れ気にならない、
チャコールグレーほど重たくなくシーズンを問わず年中着用が可能の万能カラーです。

 

注目のベストは、あえて「襟付きジレ(ベスト)」で仕上げることで、「クールビズ」期間で上着を着られない時でも
シャツ1枚より圧倒的に「ジレ(ベスト)」スタイルの方がスマートに見えます。
胸元に「」が付いていることで、エレガントさが増し、ノーネクタイの時でも胸元にボリュームのある
クラッシックスタイルに仕上がります。

 

_MG_5120(修正分)

 

中でも、イチオシの柄は、写真のように一見「無地」にも見える「ピンヘッド柄」。
昨年秋冬に当店でも大人気だった「ピンドット柄」をより柄を目立ちにくいように生地本来のカラーに織りこんで
縫い合わせたこだわりを感じさせる逸品。
光の当たり方で濃くも明るくもカラー変化が楽しめる素材です。

 

また、イタリア製上質woolのSuper1120′sのいう非常に細番手のwoolを使用して織り上げられた生地なので、
これから気温が上がるシーズンでも軽く快適に着て頂けます。

 

_MG_5116(修正分)

 

チェック柄やストライプ柄では、一見目立ちにくい「ハンドステッチ」も無地と変わらない「ピンヘッド柄」なら
上品にハッキリと「ハンドステッチ」が見える高級感のある仕立てになります。

 

附属の釦は、シックな「ブラック」カラーを合わされますと表地とのコントラストが効いた
カッチリと引き締まったスーツに仕上がります。

 

_MG_5097(修正分)

 

春夏のオススメコーディネートしては、「デニム調のシャツ」に「ライトグレーのソリッドタイ」を合わせた
軽さ+爽やかさを兼ね備えた紳士の春夏3ピーススーツスタイル。
足元はシンプルに「ブラックカラー」のシングルモンクシューズを合わせて頂くと、より大人っぽい雰囲気に。

 

数年前までは、あまり注目されていなかった「ジレ(ベスト)」。
特に、春夏のシーズンには「3ピース」スタイルは見向きもされない状態でした。
しかし、近年のスーツの原点回帰に合わせて本来のスーツスタイルとしての「3ピース」が再注目されています。
今後も数年この傾向が続いていくと思われます。

 

これからの春夏のシーズン、普段のビジネスシーンはもちろんのことご結婚式やパーティーなどのお祝い事、
会合や学会など季節の変わり目に合わせて様々な行事が出てきます。
そういったシーンに自信を持って出席して頂くには、スーツの「3ピース」スタイルは外せません。

 

普段スーツを着られない方でも1着持っていれば安心のジレ(ベスト)付の「3ピーススーツ」。

 

スーツ本来の正統派スタイルを極めたい方、春夏の品位(エレガンス)に差を付けたい方には
特にオススメさせて頂きます。

 

★今春夏は、「3ピース」スーツスタイルで品格の漂うちょい上紳士を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

<Lanificio di Tollegno(ラニフィシオ・ディ・トレーニョ)Super120′s>・100%wool・made in Italy
通常価格 ¥70,000 → 周年記念商品特別価格 ¥59,000 ※数量限定

 

 

※春夏新作オーダースーツ ¥39,000~

 

 

 

~BRAND HISTORY~
<Lanificio di Tollegno/ラニフィシオ・ディ・トレーニョ>
1900年創業以来、100年以上続くイタリアの紡績メーカー。
アルマーニ、ドルチェ&ガッバーナ、ベルサーチ、シヴァンシー、ヴァレンチノなど一流ブランドを顧客にし、
素材、質、仕上がりなど一流のこだわりを持ちデザイナーズブランドへ生地の提供を行っている。

News

Blog

PAGE TOP
  • Home
  • Concept
  • Order item
  • Coordinate
  • Staff Blog
  • Other item
  • Store information
Facebook
Twitter
Instagram
〒700-8562 岡山市北区問屋町1番地103
TEL.086-244-4441
lordhouse@caitac.co.jp
営業時間 10:00~19:00
休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
FAQ
copyright (C) 2016 LORD HOUSE. All rights reserved.