MENU
クールビズ6月にロードハウスでパンツ受注UPのわけ

2019.06.02 ビジネス シャツ スタッフおすすめ商品

クールビズ6月にロードハウスでパンツ受注UPのわけ

こんにちは、

 

ミーハーに、テニス全仏OPを

 

見てしまっている、赤尾です。

 

 

 

テニスも熱気に包まれていますが、

 

 

ここ日本の気温ものぼり傾向ですね。

 

クールビズが始まっていなかった方も、

 

6月になり、皆様始まったこととおもいます。

 

 

 

個人的には、6月でも皆様、ジャケットを着用して欲しいと

 

思っていますが、・・・

 

 

本来のクールビズは、ノータイでジャケット&パンツの

 

 

 

スタイルが正解ではないでしょうか。

 

 

しかし、世の中全体は、ノージャケットで、

 

そうでもない雰囲気ですので、

 

 

クールビズ「あるある」を書こうかなと思います。

 

 

 

①・グレーの単品パンツの需要が大幅に増える。

 

 

思い浮かべて下さい。

 

 

始めにクールビズをイメージした時、

 

グレーのパンツ×紺のジャケット

 

を思い浮かべる人が多いんじゃないでしょうか。

 

 

こんな感じ。

 

 

そのイメージの為なのか、

 

紺のジャケットは、適度に持っていらっしゃる方も多いのに合わせ、

 

 

ジャケットは着なくても、パンツのグレーのイメージが残っていて、

 

「Yシャツ×パンツでもいいや」って方に

 

グレーのスラックスが本当によくオーダーされます。

 

 

 

②・カッタウェイシャツの需要が増える。

 

 

ネクタイがなくなると、

 

レギュラーカラーでは、

 

どうしても衿に余りが出てきて、

 

衿が遊んでしまいます。

 

ワイドカラーでもいいのですが、

 

 

より、見え方が「スッキリ」する。

 

カッタウェイ(ホリゾンタルカラー)が、

 

ノータイになってくると、好まれます。

 

 

 

この場合、ジャケットがなくても、見栄えはいいので、

 

より、好まれます。

 

 

 

③・結果、2パンツの需要も増える。

 

①・②を踏まえて、(踏まえなくても)

 

 

クールビズ期間の実際のジャケット着用率は極端に落ちます。

 

 

以外の期間でさえ、ジャケットの実質的な着用率は、

 

スラックスの2/3と言われています。

 

 

しかも、このクールビズではく、スラックスは、

 

 

本来、スーツで作った(買った)物の、

 

スラックスだけの着用が圧倒的に多いです。

 

 

=イコール  寿命の問題になります。

 

スーツのパンツだけを、クールビズで着用されるのであれば、

 

 

 

やっぱり、「2パンツ」にして、

 

その内の1本をクールビズ専用ではくくらいの感覚でいてください。

 

それが、日本人独特の

 

外国の方にはない、「もったいない」の気持ちを満たします。

 

スーツとしての寿命は「2倍」違います。

 

 

サマースーツもやってます。

サマースーツコレクション

 

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約