MENU
Yシャツの柄(チェック編②)

2019.05.30 ビジネス シャツ シャツ

Yシャツの柄(チェック編②)

今年は、ラグビーWorld Cup が開催されますね、

 

ラグビー の発音で、関西の独特の発音っていいですよね。

 

なんか昔、そんな関西独特の発音で、

 

「テレビ」や「ドラえもん」なんかも、発音の練習した記憶があります。

 

 

そんな赤尾です。

 

 

 

今回もYシャツのチェック柄について、書き込みたいと思います。

 

チョット、カジュアルな雰囲気が多くなりますが、

 

ご了承ください。

 

 

 

⑤タッターソールチェック

 

 

なんて言いますか、

 

知的な印象を与える柄です。

 

 

白地に2色の線が交互に入ったチェック柄で、

 

由来は、

 

ロンドンの馬市場の名称で、そこで仕事をする人が

 

よく使っていたことに由来します。

 

 

ビジネスで着ても知的でカッコイイですよ。

 

 

 

⑥ウィンドーペーン

 

 

トラディショナルな柄で、

 

柄は大きいので、ビジネスで着るのは、

 

オシャレですが、場面を見極めた方がよさそうです。

 

 

 

シャツだけでなく、スーツにもよく使われる柄で、

 

その名の通り、

 

窓ガラス枠に似ていることが、由来です。

 

 

 

⑦タータンチェック

 

 

多くのチェックが、これに属することになります。

 

後出の、ブラックウォッチもそうですが、

 

その他にも、バーバリーチェックや

 

レジメンタルタータン などもこれにあたります。

 

 

定義は、染糸の複数のカラーを、縦・横に同数の糸で

 

チェックを構成することです。

 

 

かなカジュアルなので、ビジネスには向かないです。

 

 

 

⑧ブラックウォッチ

 

 

カジュアルでは、

 

かなり人気の柄で、

 

数年に一度、流行のチェックとして

 

取り上げられたりします。

 

 

秋冬などに、色合いの良さからよく使われます。

 

 

前出の、タータンチェックのうちの一種類になります。

 

 

 

こんな感じで、ビジネスには向かない

 

チェックが多くなってしまいましたが、

 

知識として、持っていても損はないと思います。

 

参考になれば、ありがたいです。

 

こちらもチェックして下さい。

瀬戸内 シャツ

 

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約