MENU
Yシャツのカラー(衿型)選び悩みますよね。

2019.04.22 ビジネス シャツ シャツ

Yシャツのカラー(衿型)選び悩みますよね。

今週は、本格的に暖かくなり、夜寝ている間に羽根布団をはがして

 

しまっている、ロードハウス 赤尾です。

 

もう、夏布団に変えます。

 

 

暖かくなると、いよいよ Yシャツの目立つ季節です。

 

Yシャツのオーダーも増えてきていますが、

 

衿型をどうするか?

 

で結構悩まれるお客様も多いんです。

 

 

レギュラー・ワイド・カッタウェイ・ボタンダウン などなど

 

それぞれに良さがあって、迷っちゃいますよね。

参考までに、

特徴や相性なども、少し書きたいと思います。

 

 

1・レギュラーカラー

 

 

最もポピュラーで、最も汎用性のあるスタンダードカラーです。

 

それだけではないんですよ、

 

特徴がないように思えるかもしれませんが、

 

実は、最もフォーマルなんです。

 

確実に1着はおさえておきたいですね。

 

2・ワイドカラー

 

 

今では、ビジネスの場だと、レギュラーカラーよりも

 

スタンダードかもしれないですね。

 

衿元の角度は、100度~120度くらいが一般的で、

 

ウィンザーカラーとも言われるように、ネクタイの結びは、

 

ウィンザーノットやセミウィンザーノットなどの比較的に

 

結び目のボリュームがある結びが相性がいいです。

 

今では、プレーンノットの人も多いですが・・・・

 

 

 

3・カッタウェイ(ホリゾンタル)カラー

 

 

衿元の角度は180%前後のほぼ水平。

 

これからの季節では、ノーネクタイでもさまになるので

 

人気の衿型です。

 

ワイドと同じように、ネクタイの場合は、

 

ウィンザーノットやセミウィンザーノットなどの、

 

結び目のボリュームがあるものをお勧めします。

 

 

全体的にスッキリした印象を与え、

 

ビジネスからカジュアルまで、使え、広くt好印象間違いなしです。

 

 

4・ボタンダウン

 

アメリカントラッドの定番であり、

 

ノータイやクールビズとの相性がよいです。

 

1着もっておきたいシャツです。

 

ただし、フォーマルな場においては、NGですので気をつけてください。

 

 

 

その他、クレリックにしてドレッシーにしたり、

 

 

タキシードなどの場合に、ウィングカラーにしたり、

 

 

衿元を色々楽しんで選んでみてください。

 

自分のスタイルを見つけて、通してみるのもいいと思いますし、

 

TPOに合わせて着こなしを変化させるのも楽しいですよね。

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約