MENU
日本の職人

2018.12.18

日本の職人

年の瀬に入り、ドラマも続々と最終回を向かえています。

個人的には、今年のドラマは良かったのでは、と思っている赤尾です。

 

その中で大河ドラマ「西郷どん」での衣装に注目が集まっています。

 

衣装デザイナーは、黒澤 和子さん という方で、

なんと、故「黒澤 明 監督」の娘さんらしいです。

 

時代は、明治維新で、服装も徐々に和装から洋装になっていく時代背景の中で

うまく、忠実に表現されていると感じました。

 

なかでも、「明治政府」になってからの、

 

西郷隆盛の「軍服」と、大久保利通の「フロックコート」については、

画像(C)NHKより

 

見事に再現されていると感じました。

 

これらは、鹿児島のテーラーさんで再現されているとのことでした。

 

日本の職人さんも、改めて「すばらしい仕事」をされているなと尊敬します。

 

この「ロードハウス」に携わってくださっています

「職人」も、みなさんすばらしい、一流の仕事をしております。

 

安心して、オーダーお任せ下さい。

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約