MENU
縁の下の力持ち 八刺シ(はざし)

2018.12.15 スーツ知識・薀蓄

縁の下の力持ち 八刺シ(はざし)

こんにちはAB型の河内です。

 

血液型がAB型というと、決まって二重人格とか

 

言われますが、私の場合、いい加減な性格と几帳面な

 

性格の周期がありまして、ここ何年かはかなり几帳面な

 

性格が全面に出ており、少しめんどくさいと思う方も

 

おられるかもしれません(汗)

 

 

 

ちなみに几帳面な今、気になってしょうがないのが

 

襟のロールです。この部分は、仕立ての良さが

 

目に見えてわかる部分ですが、上級縫製では

 

八刺シ(はざし)と呼ばれる絹糸でハの字に手縫いをして、

 

布のかえりを表現したり、型崩れを防いだり、補強をしたりする

 

縁の下の力持ちのような存在が、襟の裏側にあり、綺麗なロールを

 

作り上げています。

 

 

 

 

 

今日の洋服は、芯地の技術が進んでいますので、

 

ここまでの仕立てをする必要が少なってきましたが

 

見えないところまでこだわり、本当にいい物を作ろうと

 

思うと必要な技術なんです。フルオーダーとかだと

 

当たり前に行っている仕様ですね。

 

 

 

今回のサンプルは、チョット大げさに、特徴として

 

ロールを多めにつけましたが、個人的には

 

スゴク気に入っています。これから作る服はすべて

 

この仕立てにしようかと、懐具合と相談中です。

 

 

 

宝くじでもあたらんかなぁ(笑)

 

そんな年末の雰囲気を感じながら

 

几帳面が強めに出てるAB型の河内でした。

 

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約