MENU
スーツケースに

2018.11.12

スーツケースに

久しぶりに、今は伝説になっているバンド「BOØWY」の「THIS BOØWY」(CD)

をドライブ中に聞きました。赤尾です。

 

久しぶりに聞いても、1980年代に作られた楽曲とは思えないクオリティで、懐かしく、

また改めて「いいな~」と思い直しました。みなさんも改めてなのか、初めてなのか

分かりませんが、聞いてみてはどうでしょう。

 

好きな歌の中のひとつに、「MEMORY」っていう曲がありまして、唄い出しが、

スーツケースに全て詰め込んで~♪、気が変わらないうちに、ここを離れるよ~♪

 

っていう歌なんですが、

 

ということで、今回は、「スーツケース」、

特にスーツの持ち運びについて書きたいと思います。

 

せっかく、作っていただいた「スーツ」なので、出張などでの持ち運びの際には、

型崩れやシワには注意して、きれいな形で着て頂きたいのが私たちの想いです。

 

元々は、「トランク」と呼ばれており、今は、「スーツケース」や「キャリーバッグ」

と呼ばれていますが、

 

その名の通り、スーツ(衣類)を持ち運ぶことをメインとして考えられたバッグです。

 

しかし、今は効率よく荷物を収納することに重点がおかれて、本来のスーツケースは

減ってきています。

 

そんな時に便利なのが、「ガーメントバッグ」です。ビジネスマンが良く持っている、

 

それです。

 

最近は、キャリーオンできるタイプや丸めて収納できるタイプもあり

バリエーションがあります。

 

 

そこまでしなくても・・・

といった方は、納品時にお渡しした、「スーツカバー」に入れていただくだけでも

くたびれ方は違います。

 

この「スーツカバー」や「ガーメントバッグ」をスーツケースの中に収納する

場合でも、少しコツがありまして、

 

きれいに入れていただくのと合わせて、肩の部分には、肩くずれしないように

ハンガーにフェイスタオルなどをまいておく、

折りたたんだ間にタオルや衣類などを入れてクッションにし、

シワができるだけ出ないようにする。など・・・

少し気を使ってやって下さい。

 

後は、ホテルなどに着きましたら、ハンガー掛けして整えてください。

 

みなさまの旅行・出張が有意義なものになりますように。

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約