MENU
タキシードの顔はラペルです★

2018.08.19 スーツ知識・薀蓄 ブライダル フォーマル

タキシードの顔はラペルです★

甲子園が白熱していますね。

猛暑の中、高校球児たちの熱い戦いは色々なドラマとともに、多くの感動があります。

100回という節目の大会に優勝する高校はどこでしょうか?

大阪桐蔭が一歩抜けているかと思っております、高校野球ファンの松浦です。

 

そして今大会の“顔”となる逸材は、、根尾くん、藤原くん、柿木くん(大阪桐蔭)なのか、

松坂大輔級とも言われている吉田くん(金足農)なのか、楽しみですね。

 

 

 

 

今日は最近購入や下見の多い“タキシード”のお話です。

 

 

 

 

皆さん、甲子園の顔ならぬ、〝タキシード〟の顔ってどこだと思います??

 

 

答えは想像通り、、『ラペル(襟型)』なんです。

 

タキシードのラペルは基本的に正絹使用(サテン使いも有)になっています。

ですから、襟型一つでより全体の印象が変わってきますね。

 

 

ピークドラペル

 

燕尾服が簡略化し、その名残のピークドラペル。

諸説ありますが、最もフォーマルな襟型と位置付けられています。

 

先がピッと尖った形状は華やかさを増す印象も受けますし、

何より胸の沿うドレープ性は、男としての威厳と品格すら感じます。

 

 

ショールカラー

スモーキングジャケットの流れを汲む襟型です。別名「へちま襟」とも呼ばれています。

昔の貴族や上流階級の方が、自宅やラウンジなどでタバコを吸うときに着ていた、スモーキングジャケットがルーツになっています。

 

その為、どこかリラックスした柔らかい雰囲気を醸し、ピークドに比べるとややインフォーマルな印象でしょうか。

 

 

 

このように、ラペルデザイン一つで大きく表情が変わる〝タキシード〟。

 

言い方を変えると、やはり『タキシードの顔』といっても過言ではありませんね。

 

 

ロードハウスではLINE@を本格始動しています!

 

ご登録は簡単!下記ボタンをクリックし、友達追加して下さい!!

友だち追加

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約