スタッフブログ

豆日記④UPDATE 2017.11.07 スタッフダイアリー

ロードハウス 松浦です。

 

 

 

わたくし毎朝の日課として、

子ども2人を保育園に送っていく使命があります。

 

 

 

最近は一気に寒くなったり、日中は暖かくなり過ぎたり、

 

体調管理も難しい中、子どもたちはもちろん鼻水ダラダラ状態です。

 

 

 

昨日のことですが、子どもたちを保育園に送っていった後、

 

出勤途中に立ち寄ったコンビニで顔見知りの店員さんに、

 

『肩になにか付いていますよ―。』っと。

 

 

 

んっ!!?? 何か白いモノが・・・。

 

さすがに、鳥の糞だと落ちてきたとき気付くだろうし、

 

ねばっこいし、コレはなんだ??と、なぜか焦る自分もいて、、

 

 

 

急いで車に戻り、確認したところ

20171107_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の“鼻水”でした!! しかもかなりベッチャリと。焦

 

 

しかし、まだ水状でよかったです。乾燥したら取り除くの大変ですからね。。

 

 

 

 

娘に鼻水が出ていることを気付いていない私自身もどうかと思いますが、

 

娘も抱っこされて丁度よいタイミングだったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、鼻水を拭くと言ったら、スーツに関する逸話で有名な話があります。

 

 

 

スーツについている袖口の釦についてのお話ですが、

【ナポレオンが、自ら率いる軍隊員が鼻水を拭くのを防止する為に、袖口にボタンを付けた】と。

 

 

 

 

皆さん、スーツの袖口の形状を意識されたことありませんか??

 

 

 

〝切羽〟といわれるこの部分、既製品も含め通常は〝開き見せ〟といわれる、

 

写真のようにボタンホールの穴が空いていない仕様 になっているのが通例かと思います。

 

20171107_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この仕様、袖の長さを調整できるといったことがメリットとして挙げられます。

 

既製品に多い理由もこのあたりですね。

 

 

 

じゃあ何のための釦とボタンホールなの?疑問も出ると思います。

 

 

 

釦がつく起源となったのは、先に挙げたナポレオンの話の説があります。

釦ホールは、そこに釦があったからでしょうか…。(笑)(諸説あります。)

 

 

 

この切羽部分、実際にボタンホールが開き、開閉する使用があります。

 

それが、『本切羽』と言われる仕様です。

 

20171107_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、次になぜ開く仕様にしないといけないのか、

 

 

答えは簡単、「開ける必要があった」からです。

 

 

 

 

本来、スーツの下に着用する“シャツ”。これは、下着なのです。

 

スーツの上着を脱ぐということは、下着一枚になるということで失礼にあたっていました。

 

 

 

では、暑い時や作業する時どうします??

 

 

 

・・・そう。袖をまくりますよね。

 

 

 

そしてこの本切羽は“ドクターズスタイル”とも言われ、

 

その名の通り、医者が診療などするときに捲りやすくする機能性で開けられたと言われています。

 

 

 

 

オーダーをする際には、袖の長さをお身体に合わせ、キッチリと作ります。

 

折角サイズを合わせ仕立てたスーツ、後々サイズ調整が効かない『本切羽』を私は推奨します。

 

 

 

そして、その証としてワザとボタンを一つ二つ開けておくのも、カッコイイでしょう。

 

20171107_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店ではこの仕様、オプション設定になりますが、

 

是非お試しいただき、オーダーのステータスを味わってみて下さい!!

 

 

News

Blog

PAGE TOP
  • Home
  • Concept
  • Order item
  • Coordinate
  • Staff Blog
  • Other item
  • Store information
Facebook
Twitter
Instagram
〒700-8562 岡山市北区問屋町1番地103
TEL.086-244-4441
lordhouse@caitac.co.jp
営業時間 10:00~19:00
休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
FAQ
copyright (C) 2016 LORD HOUSE. All rights reserved.