MENU
そろそろ、クローゼットを開ける頃!

2017.09.21 スタッフダイアリー

そろそろ、クローゼットを開ける頃!

皆さんこんにちは。

 

岡山のオーダースーツ専門店

『服を福につなげる仕立屋』ロードハウスの遠藤です。

 

早いもので、9月も残すところ後、1週間ほどですね、、

ついこの間まで、「暑い暑い」と言っていましたが、最近では、朝夜と涼しいというか、肌寒い季節になりましたね、、、

 

遅い方でも、そろそろ衣替えを準備しているんでは、ないでしょうか?

 

今日は、そんなスーツの衣替えについて、書こうと思います。

皆さんご存知と思いますが、スーツにも春夏、秋冬とあります。

えっ!?そうなの?スーツって、ずーと着れるもんじゃないの?って思われる方は、結構多いんではないでしょうか?

 

まず、生地が違います。

 

一般的に、スーツには夏用(春夏物)と冬用(秋冬物)、そしてオールシーズンといったように、季節ごとに種類が分かれています。

 

そのため、「オールシーズンのスーツだけあれば良いのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、オールシーズンのスーツは、冬は冬用スーツを着るより寒く、夏には夏用スーツを着るより暑くなってしまう傾向がどうしてもあります。

 

一般的に夏用スーツの生地は薄く、織り方は粗く、軽いものが使用され、

冬用スーツは生地が厚く、織り方はきめ細かく、重いものが使われます

 

「目付(めつけ)」といわれる生地1mあたりの重さによって採用される季節が変わってきます。

 

230g以下が春夏のスーツ、

夏

 

260g以上が秋冬のスーツと言われています。

 

カノニコ11

 

裏地の付き方によっても、見分ける事が出来ます。

 

背中の部分に裏地がない背抜き。

背抜き

 

裏地がないことで通気性が高まり、涼しく過ごせるので春夏向けスーツに多く採用されます。

 

 

背中の部分に裏地がある総裏。

総裏

 

裏地があることで保温性が高まり、暖かく過ごせるので秋冬向けスーツに多く採用されます。

 

最近では、室内は冷暖房が、完備されているので、秋冬用でも背抜きにされる方がいるので、一概には春夏は、背抜き、秋冬は総裏と言えません。

 

この様に、スーツも季節ごとに分かれています。仕事で着る服だからこそ、季節に合った物を選ぶと、より快適に過ごすことが出来ます。

 

そして、毎日着るスーツだからこそ、

 

毎日のお手入れが大切です。

長く愛用できるだけでなく、毎日のスーツ姿をかっこ良く保ってくれます。

毎日のお手入れは、すごく簡単で

・ポケットの中身を出す

・ハンガーにかける

・ブラッシングをする

の3つを実践してみてください。スーツの型崩れや虫食いなどを防いでくれます。

1日スーツを休ませて陰干しすると、しみ込んだ汗などの水分を飛ばしてくれます。

 

スーツを数着持っている人は、交代で着るとスーツが断然長持ちするので、ぜひ試してみてください。

 

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約