MENU
Sartoria Cuomo (サルトリア・クオモ)でサルトの仕事を勉強。

着れる芸術品。

Cuomoさんは一人で採寸、裁断、縫製を熟す正真正銘のサルトリアです。
30代と 若い感性で仕立てるジャケットは美しく、その手仕事の素晴らしさとシルエットの生み出し方は芸術品です。
クオモさんのジャケットは、襟周りのノボリのラインの出し方やアームホールの作りこみに強い拘りを持ち仕立てられています。
今回はその辺りを中心にレクチャーして頂きました。

着れる芸術品。

歴史を感じさせるナポリのアトリエ。

Cuomoさんのアトリエの近くはスカッパナポリのほど近く、危険なエリアというイメージが先行してしまいますが、本来は古い建築物も残される下町情緒の残るエリアでもあります。

歴史を感じさせるナポリのアトリエ。


内に秘めた美しさが美しい物を作るのですね。

ジャケットはノボリで着る。

いいジャケットのディテールとして良く取り上げられる部分にノボリがあります。
ナポリのジャケットは特にこのノボリの曲線に強い拘りを感じられます。
肩先から首の付け根に向って伸びる線を指す言葉なのですが、この部分が実に興味深い。
体に対して適正なノボリを与えると前ボタンを外した時に開き過ぎず、重なり過ぎずを調整する役目もありますし、ジャケットを首から肩先の面で支える事が出来るので着心地も軽く吸い付くようなフィット感が生まれます。

ジャケットはノボリで着る。


このノボリの調整のしかたにも各サルト、テーラーならではの拘りと考え方、補正方法が存在しており、Cuomoさんの考えるノボリについてレクチャーしてもらいました。
こういった話が聞けるのも足を運ぶ理由なんですが、単純に実際会って話をするとCuomoさんのジャケットの魅力や拘りをより強く感じる事が出来て楽しいですね。

シルエットはフリーハンド。

もちろん直線は定規を使いますが、曲線になるとほとんどをフリーハンドで描いていきます。
頭に体のラインを思い浮かべながらインスピレーションと経験を頼りに引かれる線はまさに芸術です。
ナポリスタイルらしい、いい物見させて頂きました。

シルエットはフリーハンド。

線を繋げる楽しみを教わる。

アームホールまわりは多くの線の交わる部分です。
直線では交わらない線も曲線を駆使する事で美しい立体に生まれ変わっていきます。
Cuomoさんの仕上げるジャケットはとても生き生きとしていて南イタリアの日差しを感じさせてくれます。
独特のアームホール形状などとてもいい勉強になり、物作りの楽しみ方をまた一つ教わりました。
Cuomoさんありがとうございました。

線を繋げる楽しみを教わる。

日本でもナポリ仕立てを体感してもらいたい。

今回、勉強した内容は私たちの採寸や縫製にフィードバックして日本の方にもナポリジャケットの良さ、美しさをお伝えしていけたらと思います。
行く行くは本場ナポリのCuomoさんのジャケットも日本で販売していきたいと思い、現在構想中です。
また、準備が整いましたら随時更新していきますね。
今しばらくお持ち下さい。

日本でもナポリ仕立てを体感してもらいたい。

ナポリの旅ページへ戻る方はコチラ

ナポリの旅ページへ戻る方はコチラ

STAFF INTRODUCTION
スタッフ紹介

お客様を担当するのは、豊富な知識と
経験はもちろん、所作を心得たスタッフです。

AKIHIRO KAWACHI

ストアマネージャー/バイヤー/シューフィッター

AKIHIRO KAWACHI

READ MORE 
AKIHIRO KAWACHI

ストアマネージャー/バイヤー/シューフィッター

河内 昭宏 / AKIHIRO KAWACHI

延べ1万人以上のお客様を採寸してきた経験から、
あなたに最適なご提案を致します。雑談を含め
ゆっくりとお話しを聞かせていただくところから始めましょう。

ー スーツをご提案する際に大事にしていること
笑顔になれるスーツ作りをモットーに、お客様一人一人との対話( Bespoke )を大事にしています。
また、バイヤーの経験から、生地サイドからのご提案を大事にしています。生地によって同じサイズでも、着用したときの着心地、シルエットが違う為、それを想定したご提案をさせて頂きます。是非、一度お話しを聞かせてください。

ー PROFILE
岡山県出身。1997年入社。バイヤー時代に素材の良し悪しを見抜く目と、お客様に最適な素材提案を習得。プライベートではロードバイク、ジム、ゴルフが趣味です。

FACEBOOKはこちら → https://www.facebook.com/akihiro.kawachi

KAZUYA YAMAUCHI

上級洋服技術士

KAZUYA YAMAUCHI

READ MORE 
KAZUYA YAMAUCHI

上級洋服技術士

山内 和弥 / KAZUYA YAMAUCHI

その人に合わせた最適なサイズ感を話し合い、
着る楽しみを大切にしたいと考えています。
長く着て頂ける1着を共に作り上げましょう。

ー スーツをご提案する際に大事にしていること
学生時代より洋服を勉強し、洋裁技術上級を取得しています。
洋服のパターン作成から縫製、仕上げまで習得していますので、その経験を活かし、
お客様に最適なサイズ感をご提案したいと思います。
ですが、技術以上に、良い服を作る上では着る人の事を知る事が大切です。
是非一度、お話をお聞かせ下さい。


ー PROFILE
岡山県出身。服飾専門学校卒業後、大手アパレルメーカー勤務。その経験を活かし、ロードハウスへ入社。プライベートでは模型作成、車、DIYが趣味です。

FACEBOOKはこちら → https://www.facebook.com/profile.php?id=100025411712204

DAISUKE AKAO

フォーマルスペシャリスト

DAISUKE AKAO

READ MORE 
DAISUKE AKAO

フォーマルスペシャリスト

赤尾 大輔 / DAISUKE AKAO

お客様と話をしながら作り、
喜んでもらえる1着にしたいと考えています。
気軽に声をかけてください。

ー スーツをご提案する際に大事にしていること
お客様が想っている事を形にしていき、喜んでもらえる事を大事にしています。
長年のアパレルでの経験を生かし、細部にまでこだわった素敵なスーツを提案します。
いっしょに、長く着て頂ける、素敵なスーツを作りましょう。

ー PROFILE
岡山県出身。1993年入社。入社後、アパレル部門で、営業・バイヤー・MDを経験。
その経験を生かす為に、満を持して「ロードハウス」に加わりました。よろしくお願いします。
プライベートでは、ドライブ・旅行が好きです。

来店ご予約

086-244-4441
ご予約・お問い合わせ

定休日 / 水曜日 (祝日の場合は営業) 
営業時間 / 10:00~19:00 (LAST ORDER 18:00)

プライベート・オーダー・ルーム

お客様の事を一番に考えるロードハウスでは、
服を通じて、お客様一人ひとりの想いをカタチにする事を大切にしています。
最大2時間まで専用にお時間を確保、あなただけの贅沢な時の中で、
ご相談から採寸まで、じっくり時間をかけて
対応させていただくことを信条としております。

来店ご予約

086-244-4441
ご予約・お問い合わせ

定休日 / 水曜日 (祝日の場合は営業) 
営業時間 / 10:00~19:00 (LAST ORDER 18:00)

プライベート・オーダー・ルーム

お客様の事を一番に考えるロードハウスでは、
服を通じて、お客様一人ひとりの想いをカタチにする事を大切にしています。
最大2時間まで専用にお時間を確保、あなただけの贅沢な時の中で、
ご相談から採寸まで、じっくり時間をかけて
対応させていただくことを信条としております。

  • ホーム
  • インフォメーション
  • コーディネート
  • ブログ
  • 来店予約